野村周平、二階堂ふみに蹴られ全裸で悶絶! ヘタレ写真一挙解禁『日々ロック』

最新ニュース

ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • 二階堂ふみ(ロックver.宇田川咲)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • 二階堂ふみ(アイドルver.宇田川咲)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • 野村周平(日々沼拓郎役)&二階堂ふみ(宇田川咲役)『日々ロック』ティザービジュアル -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
ドラマ「若者たち2014」などで今年活躍著しい野村周平と、『私の男』を始め、話題作出演が続く二階堂ふみが出演する、映画『日々ロック』。このほど、野村さん演じる、つい全裸になってしまう主人公・日々沼拓郎のヘタレっぷりが確認できる劇中ビジュアルがどこよりも早くシネマカフェに到着した。

『SR サイタマノラッパー』シリーズで映画界の話題をさらった新鋭鬼才・入江悠監督が、「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の榎屋克優原作の同名人気ロックコミックを、爆音ロックエンターテイメントとして映画化した本作。これまで映画・アニメ問わず、過去さまざまな “ヘタレ”キャラが生み出されてきたが、本作でイケメン俳優、野村さんが挑んだ主人公・日々沼拓郎は、また別格だ。

今回解禁されたのは、大好きなロックを演奏していると自分を解放しすぎて “全裸”になってしまう…というクセ(?)を持つ拓郎のヘタレ満載のビジュアル。

ロックスターを目指し、バンド「ザ・ロックンロールブラザーズ」のボーカルとして、ベースの草壁(前野朋哉)、ドラムの依田(岡本啓佑)と共に上京してきた拓郎。ライブハウス・モンスターGOGOで住み込みで働きながら、鬼のように怖い店長(竹中直人)に蹴り飛ばされ、踏まれ、罵倒されながらもパフォーマンスする日々を送っている。だが、全裸でギターを抱え、魂を奮い立たせて歌い続けるものの、肝心のライブは数える程の客しかいないうえ、毎回空回り気味。

ある晩、いつものように全裸でライブをしていた拓郎の前に、酔っぱらった女子が乱入!その女子こそ、カリスマ的な人気を誇るトップアイドル・宇田川咲(二階堂ふみ)。そして「ザ・ロックンロールブラザーズ」のステージへ上がった咲は、拓郎の頭に向かって、いきなりビール瓶を振り下ろす!

「お前、童貞だろ? 生の女抱いてからロックしな!」と吐き捨てた咲は、ギターを奪い、拓郎を蹴り落とす。咲に蹴られた瞬間、彼の急所はライブ機材の角へと直撃! 全裸で悶える拓郎…。

しかし、そんなダサく、情けない拓郎の姿にも、「お前らダセーけど、けっこー良かったぞ!」と笑顔で去っていく咲。“ロックを愛する気持ちは誰にも負けない”と、体中からあふれんばかりに自分たちの音楽を突き進んでいく「ザ・ロックンロールブラザーズ」の歌は、トップアイドルとして活躍する咲の“ロック魂”に火をつけ、熱い想いを呼び起こさせるのだ。

史上最低のロックバカ・拓郎の熱い“ロック”な叫びが、咲を始め、みんなの心を突き動かしていくことになる本作。まずは、野村さん演じるヘタレキャラぶりをこちらから確かめてみて。

映画『日々ロック』は11月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top