海老蔵と柴咲コウ、現場では“ジャイアンとスネ夫”の関係?

最新ニュース

市川海老蔵&柴咲コウ&三池崇史(監督)/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 市川海老蔵&柴咲コウ&三池崇史(監督)/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 市川海老蔵&柴咲コウ&三池崇史(監督)/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 市川海老蔵/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 柴咲コウ/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 三池崇史(監督)/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 市川海老蔵&柴咲コウ&三池崇史(監督)/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 市川海老蔵/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
  • 柴咲コウ/『喰女-クイメ-』 in 三池崇史監督 presents 大人だけの空間
映画『喰女-クイメ-』に出演する市川海老蔵と柴咲コウが、本作の三池崇史監督がMCを務め、ビルボードライブ東京(東京・六本木)にてゲストを呼んで開催している「三池崇史監督 presents 大人だけの空間」に来場し、あけすけなトークを繰り広げた。

「四谷怪談」の恐怖を現代に甦らせた本作。劇中、俳優の役である海老蔵さんと柴咲さんが「真四谷怪談」で演じる伊右衛門とお岩の関係性が、プライベートとリンクしていく。
これまでにこのトークショーで多くのゲストを迎えてきた三池監督だが、この日のゲストの海老蔵さんと柴咲さんを呼び込む上で「“最強の敵”を迎えて飲み過ぎてます(笑)」と語る。海老蔵さんと柴咲さんが登場すると、客席からは「成田屋!」「コウちゃん!」などと歓声が飛んだ。

『一命』に続いて本作で再び海老蔵さんとタッグを組み、普段から海老蔵さんが出演する歌舞伎に足繁く通っているという三池監督だが、海老蔵さんについて「こんな男、会ったことがない」と語る。一方で、世間やマスコミの報道によって語られる姿に関しては「誤解がある」とも。

この点について海老蔵さん自身は「みんな言うほどじゃないです。誤解です」と頷きつつ、そうした虚像とプライベートでの本当の自分、また舞台上での歌舞伎役者としての自分の折り合いをいかにつけるか? という三池監督の問いかけに「自分を信じるしかない」と語る。

「いろんなことが起こるけど、本当のこととそうじゃないことを分かっているのは僕しかいないので(何を言われようと)気にしない。『勧進帳』という演目があるけど、あれは自分の家(市川宗家)のもの。でも義経の手の動きとかについて、外の人間が『こうすべき』『ああしろ』とか言うんです(苦笑)。誰の言うことを聞いたらいいのか? と思ったけど、父に『お家に伝わっているものをやりなさい』と言われました。やはり自分を信じるしかないんです」とあっけらかんと語っていた。

一方で、柴咲さんからは海老蔵さんに「すごく人を見てますよね」という指摘も。ちなみに、本作の撮影があった時期はちょうど海老蔵さんがブログを開始した時期だったそうで、当時はまだ柴咲さんの出演が発表されていなかったこともあり、ブログに柴咲さんの顔や名前を登場させることはできず「手とかだけ(ブログに)映ってた(笑)」という。

普段、どちらかというと共演者に気を遣うタイプだという柴咲さんからは「こういう方(=海老蔵さん)がいると楽でした。言いたいことを言ってくれるので、『そうだ、そうだ!』とスネ夫になれた(笑)」とのこと。海老蔵さんは「人をジャイアンにするなよ」と苦笑を浮かべていた。

また、三池監督は、先日開催された本作の女子高生試写における、女子高生の感想として「海老蔵、サイテー」という役柄と海老蔵さんを混同した反応が多かったと暴露し会場は笑いに包まれた。ある意味で、役にピッタリはまっていたということで“高評価”とも言えるが、海老蔵さんは「海老蔵ではなくあくまで浩介(本作での役名)ですから…」と強調していた。

『喰女-クイメ-』は8月23日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top