【予告編】有村架純&松坂桃李ら豪華キャスト勢ぞろい!『くるみ割り人形』解禁

最新ニュース

『くるみ割り人形』ポスタービジュアル (c) 1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
  • 『くるみ割り人形』ポスタービジュアル (c) 1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
  • 有村架純&松坂桃李/『くるみ割り人形』 (c) 1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
  • 有村架純(クララ役)/『くるみ割り人形』 (c) 1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
  • 市村正親、広末涼子、藤井隆、大野拓朗、安蘭けい、吉田鋼太郎、板野友美、由紀さおり/『くるみ割り人形』 (c) 1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
  • 有村架純&増田セバスチャン/『くるみ割り人形』 (c) 1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
  • テーマ曲はきゃりーぱみゅぱみゅ/『くるみ割り人形』 (c) 1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN
ハローキティの誕生40周年を記念し、サンリオが名作童話の代表作を極彩色の3DCGで現代に蘇らせた『くるみ割り人形』。このほど、その世界の一端を堪能できる予告編が完成。ヒロインの少女・クララの声を演じた有村架純を始め、松坂桃李、広末涼子、市村正親ら、先日発表された“夢” の豪華キャスト陣が共演を果たし、人形たちに命を吹き込んでいることが分かった。

チャイコフスキー作曲による世界三大バレエのひとつでもある「くるみ割り人形」。大切なものを守るため、自らの“命”をかけて奮闘する少女の姿は、100年の時を超えてもなお人々の心を魅了し、世界中から愛され続けている。

その名作童話を、現在世界中で大ブームとなっている“原宿Kawaiiカルチャー”の火付け役で、第一人者である増田セバスチャンが初監督として手がけたのが本作。日本が誇る珠玉のアナログ最高峰映像となる、“1日に3秒しか撮れなかった”人形アニメーションのかつてのネガフィルムを使用しながら、まったく新しい世界観を構築し、古い映画の単なる焼き直しではない新作映画として“リ・クリエイト”された。

当時のネガフィルムをワンカットごとのデジタルスキャニング。ファーストシーンからまったく違う編集を行い、ワンカットごとにカラフルな映像鮮度を施し、CG化。新たに追加撮影やアニメーション・パートも組み入れ、最後には立体世界への3D化を全篇にわたって行った映像は、まさに極彩色のKawaiiカルチャーそのもの。

そして、解禁された予告編映像では、各界から揃った10大トップスターのうち5名が本格声優は初挑戦という豪華なボイスキャストの声が勢ぞろい。



現在大ヒット中の『思い出のマーニ―』で初声優・初主演を見事果たした有村さんが、本作で演じるのは夢に落ちていくヒロインの少女・クララ。これまでにない “実写人形の世界”への挑戦を行い、ひとりで奮闘するたくましい少女を力強く演じながら、新たな命を吹き込んでいる。

クララが迷い込んだ人形の国で、彼女と運命の出会いを遂げる若き将校フランツの声は、松坂さん。さらには、悪役のふたつ頭の白ネズミ女王・マウゼリンクス夫人を、自身初声優となる広末さんが演じ、体は1体ながら、ふたつ頭の特徴を出すため声色も高音と低音でそれぞれ表現、物語に厚みとユニークさを打ち出している。

市村さんは、クララの亡くなった両親の親友でクララの庇護者であるドロッセルマイヤー、人形の国で怪しげなギターを弾く不思議なお婆さん、クララが迷い込んだ森で出会う人形遣い、そしてクララに“本当の愛”の尊さを説く時計職人と、なんと1人4役を務め、人形の国の王様を「花子とアン」の嘉納伝助役が好評を博した吉田鋼太郎が、マウゼリンクス夫人に呪いを掛けられるクララとそっくりな人形の国のマリー姫を、初の劇場アニメーション映画での声優挑戦となる板野友美が務めるなど、まさに“夢の豪華共演”が実現。

まさに「この声があの人!?」という驚きに満ちた映像と、きゃりーぱみゅぱみゅが歌うテーマ曲が流れる予告編を、まずはここからご覧あれ。

『くるみ割り人形』は11月29日(土)より全国にて3D/2D同時公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top