まるで新橋!?ディズニー『ベイマックス』の架空都市“サンフランソウキョウ”世界初解禁!

最新ニュース

架空都市“サンフランソウキョウ”に佇むベイマックス/『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 架空都市“サンフランソウキョウ”に佇むベイマックス/『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』ティザーポスター -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』映画&マンガ版/(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
日本から大きくインスパイアを受けたディズニー作品として、すでに世界中から注目を集めている映画『ベイマックス』。このほど、本作の舞台となるサンフランシスコと東京を融合して作られた架空都市“サンフランソウキョウ”にベイマックスが姿を見せるシーンのビジュアルが、日本で初解禁となった。

本作は、唯一にして最愛の存在であった兄・タダシを謎の事故で亡くしてしまった、ひとりぼっちの少年ヒロと、彼の前に突如現れた真っ白な大きな体をしたケア・ロボット“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。



今回到着した写真は、“フワフワ&ぷにぷに”のボディで人の心とカラダを守るケア・ロボット“ベイマックス”が歩く、サンフランソウキョウのとある街角。そこには、高架の上に電車が走り、高架下には店舗らしきものが連なり、人々が行き交う。「新橋だ!」「いや、○○に似てる!」と、日本人ならどこか思い当たるような風景だ。

この街はサンフランシスコの地形をベースに、建物の外観や看板、路地の雰囲気、そしてアメリカの都市では地中に埋められているため街には存在しない電信柱の電線など、至るところに日本的な要素が盛り込まれている。

『シュガー・ラッシュ』『アナと雪の女王』を手がけ、本作ではプロデューサーを務めるロイ・コンリは、「僕らはみんな日本に恋しているんだ」と、この街が誕生した理由を明かす。

さらに、特に日本へ強いこだわりを持つ本作の監督ドン・ホールは、「いい加減な“日本”テイストをサンフランソウキョウへ持ち込みたくない」と決め、ディズニー・アニメーション・スタジオで長年働く日本人トップクリエイターのマット鈴木氏を始めとする30人以上のチームが、“サンフランソウキョウ”の創造に参加させたとのことだ。

「このスタジオ(ディズニー)には日本のアニメーションやカルチャーに影響を受けているクリエイターがとても多いです。もしかしたら、僕より詳しいかも(苦笑)」と鈴木さんが語るように、ディズニーのクリエイターたちは日頃から日本のアニメや造形美、東京の風景に大きな影響を受けているという。

「僕らは若いころに日本文化の影響を受けた最初の世代だと思うんだ。誰かが『AKIRA』のビデオカセットを持っていて夢中になったよ(笑)」と、ドンと共に本作の監督を務めるクリス・ウィリアムズも明かしている。

彼らの言葉を裏づけるように、両監督を始めとするクリエイターたちは訪日し、日本を徹底的にリサーチ。その際に、ドンはベイマックスのデザインとなった“鈴”と出会うことにもなった。彼らは、製作真っ直中のいま現在も、看板の言葉や物が正しく置かれているか、日本の街並みを元にした色使いなど、細かな修正を繰り返している。

鈴木さんは「ここまでディティールにも拘っている作品は今までにないんじゃないかな?」と語り、監督の2人も「僕らに影響を与え続ける日本文化に、この作品でお返しできればと嬉しい」と口をそろえ、自信を覗かせている。

世界のディズニーが、日本の文化に色濃く影響を受け生み出した『ベイマックス』は、まさに彼らから日本への“ラブレター”。徹底的な“サンフランソウキョウ”の街づくりだけでなく、“マンガ連載”でストーリーが世界先行解禁されるなど、ディズニー史上初の展開で、これまでにないエンターテイメントを見せてくれるに違いない。

『ベイマックス』は12月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top