クドカン、錦戸亮主演「ごめんね青春!」で作詞を担当!主題歌の作詞は「あまちゃん」以来

最新ニュース

「ごめんね青春!」で主題歌の作詞を担当する宮藤官九郎
  • 「ごめんね青春!」で主題歌の作詞を担当する宮藤官九郎
  • 「ごめんね青春!」で主題歌の作詞を担当する宮藤官九郎
「関ジャニ∞」錦戸亮を主演に迎え、宮藤官九郎が4年ぶりにTBSのドラマ脚本を務める日曜劇場「ごめんね青春!」。このほど共演者に錦戸さんの後輩にあたる「ジャニーズWEST」重岡大毅が出演することが決定。また、主題歌を「関ジャニ∞」が担当することも明らかとなった。

主人公の原平助は、静岡県にある仏教系男子校の男性教師。彼は特別な人間ではなく、むしろごく普通の感覚の持ち主。ただ、14年前に起こったある不幸な事故のために、彼の人生は大いに狂ってしまった。それ以来、彼は責任を感じ、地元に、そして母校にとらわれて生きてきた。

そんな折、学生数の減少により彼の勤める男子校と、同じ地域にある女子校が来年から合併することになる。さらに、合併前の「お試しイベント」として男女合同の文化祭が開催されることに。彼は、「文化祭を成功させる!」という目標に向かって全身全霊でまい進するが――。

宮藤さんとプロデューサー・磯山晶が何年も前から企画していた本作。テーマは「青春」、そして「愛情」。いじめや不登校などなく、明るく楽しい「理想郷のような学園生活」を奇をてらわずに描いていく。

主人公の原平助を宮藤官九郎作品に6年ぶりに出演する錦戸さんが好演。ヒロインには多彩な演技で輝きを放つ女優・満島ひかり。合併する女子校の教師・蜂矢りさを演じる。

今回発表されたキャストには斉藤由貴、森下愛子、えなりかずき、坂井真紀、生瀬勝久、風間杜夫らベテラン俳優に加え、永山絢斗、重岡大毅(ジャニーズWEST)、波瑠、トリンドル玲奈などドラマや映画、バラエティ番組などで活躍するフレッシュな面々が集結。

「ジャニーズWEST」重岡さんは、錦戸さん演じる平助が勤める男子校の生徒・海老沢ゆずる役として参加。「とにかく一生懸命やります!」と語る重岡さんは、「もちろん不安だったり、緊張だったりと、色々ありますけど、全部忘れてフェイント無しの直球勝負で! 等身大の僕でぶつかっていきたいです! 錦戸君と一緒にお仕事するのは、今回が初めてなので、錦戸君の背中を見て沢山学びたいです」と気合十分の様子。

「関ジャニ∞」が歌う本作の主題歌の作詞を担当したのは、脚本を手がける宮藤さん。宮藤さん作詞の楽曲は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」以来だ。作曲は人気バンド「銀杏BOYZ」峯田和伸が手がける。

宮藤さんは、「1日で歌詞を書いて(峯田さんに)送ったら、翌日デモが届き、台本より先に主題歌が出来てしまいました。関ジャニ∞さんの持つバカっぽさと、祭りの後の虚しさ寂しさを感じとってもらえたら嬉しいです」とコメント。

豪華タッグで作られた曲に錦戸さんは「宮藤さん、峯田さんがドラマにピッタリのキャッチーな曲を作ってくれました! カラオケの定番になるようなノリノリの曲です! それぞれの『言ったじゃないか』でぜひ楽しんで下さい!!」。

この主題歌はすでに収録済みで、ドラマにふさわしいアップテンポの楽しい雰囲気の中、どこか懐かしくもあり切なさも感じる楽曲になっている。ドラマと共に主題歌にも注目したい。

日曜劇場「ごめんね青春!」は10月よりTBSにてスタート。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top