【予告編】“横領犯”宮沢りえを大島優子&小林聡美が追い詰める…『紙の月』

映画

『紙の月』-(C) 「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』-(C) 「紙の月」製作委員会
  • 大島優子&宮沢りえ/『紙の月』-(C) 「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』-(C) 「紙の月」製作委員会
  • 宮沢りえ&池松壮亮&田辺誠一&近藤芳正&石橋蓮司&小林聡美/映画『紙の月』
  • 『紙の月』ポスタービジュアル-(C) 「紙の月」製作委員会
黒木華、小池栄子、橋本愛らいまをときめく実力派女優たちからも絶賛のコメントが寄せられている、宮沢りえ主演『紙の月』。なぜ、平凡な主婦だった主人公が巨額の横領に手を染めることになったのか、その過程が少しずつ明かされる本予告編が遂に解禁。宮沢さん演じる主人公を、映画オリジナルのキャラクターである同僚役の大島優子、小林聡美が追い詰めていく様子も収められていることが分かった。

物語の舞台は、バブル崩壊直後の1994年。わかば銀行の契約社員として働く梅澤梨花(宮沢りえ)は上司や顧客からの信頼も厚く、何不自由ない生活を送っているように見えた。そんなある日、梨花は年下の大学生・光太(池松壮亮)と出会い、やがて2人は男女の関係になる。光太と過ごすうち、顧客のお金に手をつけてしまう梨花。高額な買い物や高級な食事、ホテルのスイートでの連泊を重ねるうち、やがて金銭感覚と日常が少しずつ歪み出していく…。

7年ぶりの映画主演となる宮沢さんを迎え、直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を『桐島、部活やめるってよ』の鬼才・吉田大八監督が映画化した本作。

解禁となった映像は、冒頭から、宮沢さん演じる主人公・梅澤梨花に対し、小林さん演じる先輩行員・隅より子からの「私、あなたのこと考えてた。何でこんなことしたのか…」という突き刺さるような衝撃の言葉から始まる。



そして、「平凡な主婦が起こした、巨額横領事件。それはたった一万円から始まった」というナレーションから、宮沢さんが罪に堕ちていく過程の断片が、まるで鼓動のようなバックミュージックとともに映し出されていく。

幸せに見えたはずの夫婦生活に影を落とす、ある場面、池松壮亮演じる光太と惹かれ合い、豹変していく梨花の姿。さらに、大島さん演じる銀行のテラー(窓口係)・相川恵子の悪魔のようなささやき…緊迫感あふれるシーンの連続に、思わず一気に引き込まれてしまう。

「普通の幸せを捨ててまで手に入れたかったもの、それは…」という最後の言葉が示すように、梨花が選んだ結末をいますぐにでも見届けたくなってしまう予告編を、こちらから確かめてみて。

『紙の月』は、11月15日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top