宮沢りえ、『紙の月』は「私の本物の宝物」…2014年問題作BD&DVD発売へ

映画

『紙の月』 -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』 -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』 -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』 -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』 -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』 -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』 -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』ブルーレイパッケージ -(C)  2014「紙の月」製作委員会
  • 『紙の月』DVDパッケージ -(C)  2014「紙の月」製作委員会
2014年邦画映画賞で最多29冠を獲得した『紙の月』が、5月20日(水)よりBD&DVDで発売される。これを受けて“最も美しい横領犯”を演じた宮沢りえと吉田大八監督のコメントが届いた。

原作・角田光代、監督・吉田大八、主演・宮沢りえという日本映画界最高のコラボレーションが実現した本作。そのBD&DVD化にあたって宮沢さんは、「『映画は、映画館で観て欲しい。』と、思っている私ですが、この『紙の月』は、私の本物の宝物になった作品です。大八監督と、スタッフ、キャストと惜しみないエネルギーを注いだ結晶が永遠に残る形となって、DVDとなって、これからもみなさんのココロを揺さぶる可能性がある事が、とても嬉しいです」と感激をコメント。

また、吉田監督は、「ヒロインを応援したくなるか、絶対許せないと思うか、観た人どうしで話せば相手の意外な一面を知ることができるかも。責任は取れません(笑)」とコメント。劇場公開時に宮沢さん演じる横領犯・梅澤梨花が取った行動の是非について、さまざまな意見が飛びかったことを受けて、ユーモアを交えてメッセージを贈る。

豪華版BD&DVDには、宮沢りえ×吉田大八監督による音声コメンタリーを収録するほか、特典ディスクにはメイキング映像、舞台挨拶集などを収録。また、豪華ブックレットや初回限定版には“ミニ台本”も付属される永久保存版。豪華な特典とともに、日本中が興奮したサスペンス大作を、もう一度堪能したい。

『紙の月』ブルーレイ&DVDは発売中。
※レンタルBD&DVD 6月2日(火)より開始

<『紙の月』ブルーレイ&DVDリリース情報>
【セル】ブルーレイ豪華版 ¥6,700(本体)+税
【セル】DVD豪華版 ¥5,800(本体)+税
【セル】ブルーレイ通常版 ¥4,700(本体)+税
【セル】DVD通常版 ¥3,800(本体)+税

全アイテム 発売元:ポニーキャニオン
(C) 2014「紙の月」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top