西島秀俊、“なぜか泣ける”台湾の空撮ドキュメンタリーでナレーション「一緒に劇場で感じて」

韓流・華流

『天空からの招待状』の日本語ナレーションを担当する西島秀俊 (C)Taiwan Aerial Imaging, INC.
  • 『天空からの招待状』の日本語ナレーションを担当する西島秀俊 (C)Taiwan Aerial Imaging, INC.
  • 『天空からの招待状』 (C)Taiwan Aerial Imaging, INC.
  • 『天空からの招待状』 (C)Taiwan Aerial Imaging, INC.
全編空撮という、かつてない手法で台湾の“いま”を見つめたドキュメンタリー『天空からの招待状』(原題:看見台湾/英題:Beyond Beauty, TAIWAN FROM ABOVE)が、12月、日本公開されることが決定。そのナレーションを、『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』、TVドラマ「MOZU」やCMなどで多方面に活躍する西島秀俊が務めることが分かった。

本作は、台湾の「國道新建工程局」職員として長年、航空写真を撮り続けてきた写真家、チー・ポーリンが、台湾ドキュメンタリー史上最高の製作費3億3,500万円を投入し、3年の月日を費やして台湾の“いま”を空撮。本国での公開時には、100万人以上を動員する3か月半超のロングランとなり、ドキュメンタリー映画ながら2013年の興収第3位にランクインする異例の大ヒットに。台湾のアカデミー賞ともいわれる金馬奨で「最優秀ドキュメンタリー賞」を受賞、「オリジナル作曲賞」にノミネートされた。

製作総指揮を務めたのは、『悲情城市』などで知られる台湾の名匠、ホウ・シャオシェン。音楽は『セデック・バレ』のアジアの天才、リッキー・ホー。劇中の演唱を同じく『セデック・バレ』の主役を務めたリン・チンタイが担当し、全編にわたる空撮ドキュメンタリーを盛り上げている。

カメラは、山・海・田園など美しい島の広大な自然を捉えながら、工場の煙突から噴き出る白煙や、工場排水が流れてしまっている河川、そして農作業や祭りを楽しむ、日常の人々の暮らしを空から追っていく。



日本語吹き替えのナレーションを務めた西島さんは、このかつてないドキュメンタリーに「美しい音楽に壮大な映像、最後には考えさせられる本作、日本語版ナレーションを担当させて頂いて嬉しく思っています。台湾の公開時には社会現象にもなったそうで、地上からは見られない台湾を、一緒に劇場で感じて頂ければと思います」とコメント。

西島さんも圧倒された文字どおりの『天空からの招待状』を、まずはこちらから受け取ってみて。

『天空からの招待状』は12月中旬よりシネマート六本木・新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top