相葉雅紀、生田斗真からの誕生日プレゼントに「キュンキュンしました」

最新ニュース

相葉雅紀(嵐)らと登壇した、榮倉奈々/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』プレミアイベント in 第27回東京国際映画祭
  • 相葉雅紀(嵐)らと登壇した、榮倉奈々/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』プレミアイベント in 第27回東京国際映画祭
  • 相葉雅紀(嵐)らと登壇した、榮倉奈々/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』プレミアイベント in 第27回東京国際映画祭
  • ハン・ヒョジュ/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』プレミアイベント in 第27回東京国際映画祭
  • 相葉雅紀(嵐)らと登壇した、榮倉奈々/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』プレミアイベント in 第27回東京国際映画祭
  • 相葉雅紀(嵐)らと登壇した、榮倉奈々/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』プレミアイベント in 第27回東京国際映画祭
  • ハン・ヒョジュ/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』プレミアイベント in 第27回東京国際映画祭
『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』が第27回東京国際映画祭にて上映されるのに伴い10月26日(日)、プレミアイベントに続いて上映直前の劇場にて主演の相葉雅紀(嵐)を始め、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真、犬童一心監督が舞台挨拶を行なった。

『黄色い涙』で「嵐」を主演に映画を製作した犬童監督が、中村航の小説を単独では初の映画主演となる相葉さんとのタッグで映画化。優しすぎる青年・光の運命の恋を中心に、4人の男女が紡ぐ恋物語を鮮やかに描き出す。

舞台挨拶では登壇陣が撮影中に感じた“胸キュンの瞬間”を告白! 相葉さんが胸キュンした相手は幼なじみ役の榮倉さん? それとも運命の恋に落ちるヒョジュさん? …と思いきや、意外にも「斗真かな?」とニッコリ。「撮影に入ってすぐに僕は誕生日を迎えたんですが、『相葉ちゃん、これ使って』とベンチコートをくれたんです。寒かったから助かって、キュンキュンしました」と友情の胸キュンを明かす。

榮倉さんは「キュンというより『やったー!』という感じかな?」と相葉さんとのあるエピソードを告白。「相葉さんはいつも変わらず、私生活が見えないし“裏の顔”を見せてくれないんです。でも、ちょっと照れるようなシーンで緊張していて、手を握る場面でギュッと握られた時、『やったー!』と思いました(笑)」としてやったりの表情を見せる。映画祭では英語の同時通訳がつくが、この中で相葉さんの様子が「shy(シャイ)」と英訳されると、相葉さんが「シャイなんです」と照れくさそうな笑みを浮かべていた。

一方、ヒョジュさんは自身が演じた照明デザイナーのソヨンと光が初めて会うシーンの撮影の日がかなり冷え込んでいたことを明かし「音がして、顔を上げたら光くんが鼻水を…(笑)。『(寒さで)全然、感覚がない』と言ってて、この人は純粋な方なんだなとキュンとしました」と明かす。同時通訳にこれが「pure(ピュア)」と英訳されると、相葉さんは「ピュアボーイです」と語り、会場は笑いに包まれた。

生田さんは、ヒョジュさんとの回想シーンの撮影を述懐。「セリフがないのでアドリブで好きに喋ってくださいと言われ、『昨日、何食べた?』などと話してたんですが、僕は手をケガしてて、そうしたらヒョジュさんが突然、手を取って『どうしたの? 大丈夫?』と傷をなでてくださって『かわいいなぁ』って思っちゃいました(笑)」と本気の胸キュンエピソードを告白。ちなみに犬童監督によると、本編でも「その瞬間が映っている」という。

また、日本での公開前にもかかわらず、すでに本作が韓国、台湾、香港で2015年に劇場公開されることが決定したことも発表された。相葉さんは「『嵐』としてコンサートでも行ったことがあり、そんな場所で公開されるというのは嬉しいです。より多くの人に見てもらいたいので」と喜びを口にしていた。

第27回東京国際映画祭は開催中。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は11月22日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top