福士蒼汰が超真剣に「だるまさんが転んだ!」 360名の女子とギネス記録樹立

最新ニュース

福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
  • 福士蒼汰が「だるまさんが転んだ」でギネス記録認定/『神さまの言うとおり』
映画『神さまの言うとおり』の公開を前に11月11日(火)、主演の福士蒼汰が360名の一般応募の人々と共に「史上最大のだるまさんが転んだ」でギネス記録に挑戦した。

「別冊少年マガジン」(講談社刊)連載の人気漫画を原作に、鬼才・三池崇史を監督に迎えて突然、理不尽な殺人ゲームに放り込まれ、右往左往する高校生たちの姿を描いた不条理劇が描かれる。このゲームの“1限目”として「だるまさんが転んだ」が登場することにちなんで今回、ギネス記録に挑戦することになった。

詳しい内容が隠された状態で、この挑戦に参加する人々の応募が行われたが、5,000通を超える応募があり、その中から360名の女性ファンが当選・参加することに。平日の午後にもかかわらず、北は北海道から南は九州まで全国各地から当選者が集まり、会場は開始前から熱気に包まれた。

ギネスへの挑戦記録名は「Largest game of darumasan ga koronda」(最大のだるまさんが転んだ)。福士さんが鬼となり、「初めの一歩」で会場後方に構える361名の参加者が一歩前へ! そこから前方にいる“鬼”の福士さんが「だるまさんが転んだ」と言う間に参加者は距離を詰めていくというごくシンプルなルールの下でゲームは進められていく。

ギネスブックに掲載もされる世界記録ということで、会場には専門の「ギネス記録員」が来場し、さらに会場のあちこちには「監視員」の姿も。記録達成に必要なのは「350人以上」の参加であり、もしも、真剣に参加していない者やルールを破る者があれば失格と見なされ、人数にカウントされず、場合によっては記録が認定されない可能性もあるということで、事前に参加者には「くれぐれも真剣にお願いします」とアナウンスが繰り返される。

そのおかげもあってか、参加者は全員真剣そのもの! 少しでも“鬼”の福士さんに近づこうという意識もあってか、福士さんが「だるまさんが転んだ」と口にするたびにグイグイと距離を縮めていく。福士さんも参加者たちの動きを注意深く見守り、容赦なく体を動かしてしまった人たちのゼッケン番号を読み上げて、鬼の鎖を作っていくが、ついに一人の参加者が鎖をチョップ! 福士さんは慌てて「だるまさんが転んだ、ストップ!」と叫び、そこから10歩進んで逃げ遅れた参加者にタッチし、この時点でゲームは成立し、無事終了となった。

ここから、記録員と監視員が集まって、ギネス記録に認定するか否かの審査が開始。10分ほどの審査の結果、記録員から「(福士さん含め)361人失格者なし!」と無事、史上最大のだるまさんが転んだが成立したことが告げられ、見事にギネス記録樹立となった。

福士さんはホッとした表情で「ありがとうございます! みなさんのおかげです」と参加者に感謝の気持ちを伝え、認定証を受け取り、満面の笑みを浮かべた。

映画について「笑える映画でもあるので、ぜひTwitterなどで拡散してほしいです」とアピール。今回のギネス記録樹立成功に続き、興行でも成功を勝ちとるべく「みなさんのお力を貸してください」と呼びかけた。

『神さまの言うとおり』は11月15日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top