平井堅、映画『アニー』主題歌を担当! オーケストラをバックに「Tomorrow」熱唱

映画

『ANNIE/アニー』主題歌を担当する平井堅
  • 『ANNIE/アニー』主題歌を担当する平井堅
  • 『ANNIE/アニー』
  • 『ANNIE/アニー』日本版ポスタービジュアル
トニー賞受賞の本格ブロードウェイミュージカルを、ウィル・スミスとジェイ・Zのプロデュースで映画化した『ANNIE/アニー』。この度、本作の主題歌となる「Tomorrow」を平井堅がカバーすることが明らかになった。

舞台は、ニューヨーク・マンハッタン。携帯電話会社のCEOで次期NY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は、選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女アニー(クワベンジャネ・ウォレス)を偶然助ける。彼女は産まれて間もないころ、レストランに置き去りにされ、いまはハニンガン(キャメロン・ディアス)が営む施設で暮らしていた。

毎週金曜の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けるアニーを、選挙戦に利用しようと考えたスタックスは、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで暮らし始める。アニーもまた、選挙戦で自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかもしれないと考えるのだが――。

主題歌「Tomorrow」は劇中で主人公の少女・アニーが歌うことで知られ、誰でも一度は聴いたことがある世界的に有名な曲。その主題歌を担当することが決定した平井さんは、いままで数多くのドラマや映画主題歌を手掛けてきたが、ミュージカルの名曲をカバーするのは初めて。平井さんは、62人の大編成オーケストラをバックに「Tomorrow」を歌う。

「今回、名作『アニー』の主題歌、しかも大好きな曲である『Tomorrow』を歌わせて頂けて、とても光栄に思っております。諦めれば楽、頑張るからこそしんどいんだ。アニーズスピリットは、どんな境遇の方にも通じるもの。かく言う僕の胸にもグサリと刺さったまんま離れてくれません。やってくる明日への希望の力になれる気がして、いい歳して走り出したい気分です(笑)」とコメントを寄せた。

今回編曲を担当するのは、1980年代初頭のアイドル歌謡曲から映画、テレビなど、あらゆる映像音楽でも活躍する作曲家、編曲家、音楽プロデューサーとして高名の鷺巣詩郎。最近は何と言っても『エヴァンゲリオン』シリーズの音楽でその独特な世界観を築きあげたカリスマ的なコンポーザー。ブロードウェイ×平井堅が紡ぐ歌の世界観がどんな新しい「Tomorrow」となるのか期待が高まる。

さらに、平井さんは12月上旬にニューヨークで行われる『ANNIE/アニー』のワールドプレミアに参加することが決定。ジェイミー・フォックス、キャメロン・ディアス、アニーを演じるクワベンジャネ・ウォレスはもちろん、プロデューサーであるウィル・スミス、ジェイZも参加予定だという。

『ANNIE/アニー』は2015年1月24日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

平井堅の歌う『ANNIE/アニー』主題歌“Tomorrow”入り予告編はこちら
http://www.realplay.com/channels/sonypicturesjapan/synopses/72863
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top