二階堂ふみ&大森南朋、キム・ギドクのR18指定衝撃作を大絶賛「大事なトコロが…」

韓流・華流

『メビウス』(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『メビウス』(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『メビウス』コメントポスター(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
2012年、ある母の極限の愛と復讐を描いた『嘆きのピエタ』で、ヴェネチア国際映画祭「金獅子賞」を受賞した韓国の鬼才キム・ギドク。その監督最新作にして、“映画史上最も壮絶なヒューマンドラマ”ともいわれているR指定映画『メビウス』の日本公開が、12月6日(土)に決定。いち早く本作を鑑賞した二階堂ふみ、大森南朋、竹中直人ら日本の実力派俳優が揃って絶賛のコメントを寄せていることが分かった。

家族としての関係は冷え切っている、父・母・息子の3人が暮らす、とある上流家庭。ある日、夫と近所に住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。だが、あえなく失敗し、その矛先は息子へと向かう。

凶行に出た後、妻は家を出ていき、夫と息子はとり残される。性器を切り取られてしまった息子は、絶頂に達することを知らずに生きていくのか。生きていく自信をもなくした息子への罪悪感に苛まれる父は、自身の身をもって絶頂に達することができる“ある方法”を発見。それを息子に教えることで、再び父子の関係を築いていく。だが、そこに妻が戻り、家族はさらなる破滅への道をたどり始める…。

最近、脚本や製作を担当しながら監督は若手に任せてきたキム・ギドクが、自らメガホンをとり放つのは、第70回ヴェネチア国際映画祭で初お披露目となり、その過激な性描写から韓国でも上映制限がなされた超問題作。

母親が我が子の“性器を切り取る”というその衝撃的すぎる内容から、日本での上映ももちろんR18+指定に。全編にわたり、セリフが一切なく、「笑う」「泣く」「叫ぶ」の3つの要素のみで「性」と「家族」と「人間」を描いていく、これまでにない物語となっている。

不貞の夫を演じるのは、『悪い男』『受取人不明』などキム・ギドクの初期作品に出演し、ギドクのペルソナと呼び声の高いチョ・ジェヒョン。また、女優人生をかけて本作への出演を決めたというイ・ウヌが、浮気な夫への嫉妬に憑りつかれた狂気の母、さらには父の浮気相手である妖艶な女を一人二役の体当たり演技で魅せ、韓国映画界の新星ソ・ヨンジュが性器を切り取られてしまう息子役を熱演する。

先日、本作のプロモーションのために来日したキム・ギドク監督と対面を果たしている、二階堂さん、大森さんは、次のように大絶賛のコメントを寄せ、本作の根底に流れる人間の本質をついていく。

二階堂さん:「痛いです。赤いです。強いです。メビウス。キム・キドク監督はとまらない、どこまでも行ってしまう。お会いした時に柔らかい瞳のその奥に狂気と刹那と愛と、真っ直ぐに感じました」。

大森さん:「叫び 嘆き 嗚咽 怒り 諦め あらゆる感情がフィルムの中にうごめいている。こりゃヤバいぜ」。

本国韓国ではキム・ギドク作品に出演すること自体が敬遠される中、日本の俳優たちからの監督への支持は熱く、数多くのクリエーターたちをも唸らせている本作。なお、これらのコメントが入ったチラシビジュアルは、各地の上映劇場でも目にすることができる。


<そのほかのコメント>
竹中直人/俳優
とんでもない映画を観てしまった!! スクリーンを観ながら何度眼を覆ったことか!! しかしホラーでもスプラッターでもない!! こんな映画観たことがない!! 果してこれは映画なのか!? まるで悪夢だ!! キム・ギドク恐るべし!!

押見修造/漫画家「惡の華」
男としての自分の抑圧を、そのままごろんと放り出されて目の前でぶっ潰されるような。これは根源的な地獄で、同時に天国でもある。自分はこの中であの「セックス」をずっと求め続けるんだろうなと思いました。

三浦大輔/劇団ポツドール主宰・劇作家・映画監督
台詞が一切ない。と聞くと『絵』だけにこだわったスかした映画を思い浮かべるが、この映画はそれとは真逆にある。『人間』だけにこだわった泥くさい映画だった。

いのうえ ひでのり/劇団☆新感線 主宰 / 演出家
なんか凄ェ ! やっぱキム・ギドクは凄い。母性、暴力、家族愛、嫉妬、狂気、SEX、チ○コ、あらゆる人間の業が表に渦巻く迷宮は、まさにメビウスの輪。台詞が一切無いことも見る者の想像力と緊張感を掻き立てる。面白かったです。

山本 浩司/俳優
なんだこれは!? 大事なトコロがキュンとなる。真面目に観たらソンするぞ!

三浦 誠己/俳優
キム・キドクの中に眠っていた真っ新な、赤ン坊の様なパッションが力技で胸倉を掴んでくる! 表現の規制が、この作品の息苦しさを図らずも歪に浮かびあがらせた。…疲れた(笑)

『メビウス』は12月6日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top