土屋アンナ&木村多江ら“働くママ”も共感! 『おやすみなさいを言いたくて』

映画

『おやすみなさいを言いたくて』-(C) paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013  PHOTO (c) Paradox/Terje Bringedal
  • 『おやすみなさいを言いたくて』-(C) paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013  PHOTO (c) Paradox/Terje Bringedal
  • 『おやすみなさいを言いたくて』-(C) paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013  PHOTO (c) Paradox/Terje Bringedal
  • 『おやすみなさいを言いたくて』-(C) paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013  PHOTO (c) Paradox/Terje Bringedal
  • 『おやすみなさいを言いたくて』-(C) paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013  PHOTO (c) Paradox/Terje Bringedal
  • 『おやすみなさいを言いたくて』-(C) paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013  PHOTO (c) Paradox/Terje Bringedal
  • 『おやすみなさいを言いたくて』-(C) paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013  PHOTO (c) Paradox/Terje Bringedal
自身も2児の母であり、女優との仕事を両立させているフランス出身のオスカー女優ジュリエット・ビノシュの主演最新作『おやみなさいを言いたくて』。いつまでも美しくパワーにあふれた彼女が、報道カメラマンとなり、仕事と家庭という“究極の選択”を迫られていく本作に、同じ苦労や喜びを知るママ芸能人や働く女性たちから、共感と感動のコメントが到着した。

アフガニスタン、コンゴ、カタール…世界各地を飛び回る報道写真家のレベッカ(ジュリエット・ビノシュ)は、常に死と隣り合わせになりながらもシャッターを切っていた。だが、あるとき、まさに命がおびやかされる危険な事態に遭遇してしまう。

日常生活を一緒に送れなくても、すべて上手くいっていると思っていたレベッカ。久しぶりにアイルランドのわが家に帰った彼女は、夫(ニコライ・コスター=ワルドー)とふたりの娘たちの本当の気持ちを知り、ある決断をするが…。

『存在の耐えられない軽さ』でアメリカに進出、『汚れた血』や『ポンヌフの恋人』ではレオン・カラックス監督のミューズと呼ばれ、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンと世界三大映画祭の「女優賞」をすべて制覇し、『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞「助演女優賞」を受賞、『ショコラ』で同「主演女優賞」にノミネートされたジュリエット・ビノシュ。

オスカー女優にして、2児の母であり、画家で、平和活動支援なども精力的にこなす彼女は、ノルウェーのエリック・ポッペ監督のもとで本作に主演、まるで彼女の分身であるかのような美とパワーにあふれた“働くママ”レベッカを好演した。

「ジュリエットは現役の世界的トップ俳優のひとりですから、監督は誰でも彼女と仕事したいのではないでしょうか」とポッペ監督は言う。彼女の徹底した役作りは、「そのこだわりようときたら、何から何まで本物を求めるのです。カメラはプロが使うものでなければならない。メモリーカードのサイズまで! もちろん映画で映らないものですが…」と称賛を贈る。

そんな仕事へのあくなき挑戦と情熱、そして家族への深い愛を胸に秘めた役柄には、各界の女性たちから共感・感動のコメントが届いている。

<ママ代表コメント>
◆土屋アンナ(アーティスト)
仕事と家庭の両立はとても難しいと実感している私にとって、レベッカとオーバーラップするシーンが沢山あります。思春期を迎えた娘との葛藤も、私の母と私たち姉妹の経て来たときと重なります。何が大切なものであるかを問われている気がします。命の尊さを改めて考えさせられる作品です。

◆千秋さん(タレント/デザイナー)
世界情勢と母娘の愛。使命ある仕事か家族かどちらを選択するのか。誰でもぶち当たるママならではの苦悩。泣きました。

◆富司純子(女優)
報道写真家としての顔と夫とふたりの子どもへの愛に悩む顔。ビノシュの表情、演技力、最高にかっこいい!!

◆加藤登紀子(歌手)
観終わってしばらく、嗚咽が止まりませんでした。 怖ろしい世界の現実に命を懸けて向き合う報道写真家であることと、ひとりの女として生きる幸せの狭間。彼女の苦しみは、仕事を持つ女の深い痛みに真っ直ぐ伝わってきます。

◆木村多江(女優)
私の使命は? 居場所は? 突きつけられたようで胸が苦しい。仕事と家族のはざまで、私もゆれた。

◆坂井真紀(女優)
私は、母親が正しい愛で子育てをすれば、それが世界平和へつながっていくと信じています。

『おやすみなさいを言いたくて』は12月13日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top