玉木宏、“残念な夫”に…妻役・倉科カナと対立!「人生のバイブルになる作品」

最新ニュース

玉木宏/「残念な夫。」-(C) フジテレビ
  • 玉木宏/「残念な夫。」-(C) フジテレビ
  • 「残念な夫。」で“モンスター妻”を演じる倉科カナ
子どもが生まれる前は円満だった夫婦関係が、出産を機にギスギスした雰囲気に変化してしまう…“産後危機”問題に焦点を当てた社会派ライトコメディードラマ「残念な夫。」がフジテレビ1月期の水10枠で放送されることが決定。このほど、本作でその“残念な夫”を俳優・玉木宏が演じることが明らかになった。

夫たちは職場や飲み会で「被害者パパの会」を作って愚痴をこぼし、妻たちは「ママ友の会」で育児の過酷さを共有して夫の残念さを嘆く。ライフスタイルが変化し、女性が結婚や出産、離婚などを自分で選択できるようになった現代社会において、夫婦観、家族観は変化してきている。そんな今を反映したストーリーで、子どもが生まれてからの「理想の夫婦」の在り方を提示する本作。

主演を務めるのは「のだめカンタービレ」(フジテレビ)で大ブレイクし、映画『幕末高校生』や、話題のドラマ「きょうは会社休みます。」(日本テレビ)で“こじらせ女子”を気に掛けるイケメンCEOを好演する玉木宏。外見・性格・能力ともに“理想の夫”と思われていたが、子どもが生まれてから妻の態度が冷たくなったように感じ、しかしその原因や解決方法が分からず、家庭内で“残念な夫”に成り下がってしまった、住宅会社勤務の主人公・榛野陽一を演じる。

玉木さんの妻役には、コメディからシリアスまで幅広く演じ分ける女優・倉科カナ。こちらも夫に尊敬の眼差しを向けて尽くしてくれる“理想の大和撫子妻”と思われていたが、出産後にいままで許せていた夫の言動が気になるようになり、ヒステリックな状態が続くことから夫にとって“モンスター妻”という存在になっていく榛野知里を演じる。倉科さんは現在放送中の「ファーストクラス」に続けての出演となる。

主演の玉木さんは「主人公の陽一は、悪気もなく無意識に“残念な夫”になってしまう男です。僕自身は結婚に良いイメージしかないので、いまのタイミングでこういう役をいただいたということは、僕にとって“人生のバイブル”にできるかなという気がしています。現代劇で父親役を演じるのは初めてなので、一つのチャレンジでもありますし、たくさんの方に共感していただけるような、説得力のあるドラマにしたいと思っています。貴重なオリジナル作品で、精一杯“残念な夫”を演じさせていただきます」と意気込みを語った。

妻役の倉科さんは、「産後をきっかけに“モンスター妻”に変貌する役柄で、自分としては、未婚でもあり母になる経験はしていないのですが、いろんな意味で初体験、初挑戦の部分が役柄的に多そうなので、楽しみです。私は、長女として妹や弟の世話をする事が日常だったので、その経験も生かしながら、できるだけリアルな子育て奮闘を表現できればと思います」とコメントを寄せた。

また、玉木さん扮する陽一の上司であり、家庭内では妻子に見限られた“残念すぎる夫”細井茂役に岸谷五朗、娘を寵愛して夫への愛が冷え込んでいる妻・細井美和子役に大塚寧々が決定。そのほか、産後危機を迎えてしまった榛野夫婦にさまざまな形で影響を与えていくキャスト陣に黒木啓司(EXILE)、林遣都、高橋メアリージュン、浅田美代子が集結している。

実際の夫婦に調査したリアリティあるエピソードを盛り込んで描かれる本作。玉木さんや倉科さんを始めとしたキャラクターが本音を語るシーンには思わず共感してしまうはず。

ドラマ「残念な夫。」は1月14日(水)より毎週水曜22時~フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top