相葉雅紀、『デビクロ』への意外な(?)男性の感想に喜び! 「お父さん誘って観てほしい」

最新ニュース

相葉雅紀演じる光の幼少期を演じた、二宮慶多くん/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』大ヒット舞台挨拶
  • 相葉雅紀演じる光の幼少期を演じた、二宮慶多くん/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』大ヒット舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 犬童一心(監督)/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』大ヒット舞台挨拶
  • 犬童一心(監督)/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』大ヒット舞台挨拶
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
「嵐」の相葉雅紀・初の単独主演映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の大ヒット御礼舞台挨拶が12月4日(木)に開催。相葉さんに犬童一心監督、さらに相葉さん演じる光の幼少期を演じた二宮慶多くんも駆けつけ、撮影時に叶わなかった相葉さんとの対面を果たした。

山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフに、中村航が執筆した小説を映画化。優しすぎるが故になかなか人生がうまくいかない青年・光に幼なじみの男勝りな杏奈、彼女の同僚で光が運命の恋の相手と見初めるソヨン、その元カレで光とは大学の同級生の北山の4人の恋のすれ違いを描き出す。

会場には3回はおろか、すでに5回以上観たという熱烈なファンの姿も! 相葉さんと監督が姿を見せると割れんばかりの拍手と歓声が劇場に響き渡る。相葉さんも監督も、公開後の観客の反応に手応えを感じているよう。2人とも鑑賞後の観客のアンケートにも目を通しているそうで「奥さんに着いて行って泣いたダンナ」(監督)、「娘に無理やり付き合わされて泣いた」(相葉さん)といった目についた感想を嬉しそうに明かしつつ、相葉さんは「最初の一行が厳しい言葉が多いですね(苦笑)。『期待してなかったけど』『チャラいと思ってたけど…』というのが多い」と語り笑いを誘う。

この日は、公式サイトに寄せられた好きなシーンのベスト3が発表されたが、3位はクライマックス近くで、空港に向かって光が疾走するシーン。ここで山下さんの「クリスマス・イブ」が流れるため相葉さんは「曲の力が大きい」と謙遜する。

第2位は、本屋のバックヤードで杏奈が光に泣きながら別れを告げるシーン。相葉さんもこのシーンのランクインを確信しており「やっぱり!」と語り、「難しかったんですよ。(杏奈に)『鼻水出てるよ』と言うんですけど、すごく難しかった!」としみじみとふり返る。犬童監督が「でも、すごくうまくいってるよ。泣いてる杏奈を見ている顔が最高!」と褒めると、相葉さんは「ですよね~(笑)」と相好を崩し、会場は笑いに包まれた。

そして第1位には、光と杏奈が告白の練習をするシーンが選ばれた。これは相葉さんも以外だったようで「そうなんだ!? 女心の勉強になります!」と語っていた。

そして、サプライズで光の幼少期を演じた慶多くんが“デビクロ”仕様の衣裳で登場すると、客席のあちこちから「かわいい!」という声が上がる。相葉さんとは意外にもこの日が初対面となったが、相葉さんの印象について「カッコよくてすごく爽やか」と語る。ちなみに慶多くんは元々、「嵐」のファンということで、それを聞いた相葉さんは「5人の中で誰が一番好きなのかなぁ…(笑)?」と“誘導”。慶多くんは迷うことなく「相葉さんです」と語り相葉さんを喜ばせた。

この日は、山下さんからも祝福のメッセージが届けられ、これには相葉さんも感激。「嵐も音楽やらせていただいてますが、みんなの歌になってるって素晴らしいこと。尊敬してます」と目を輝かせていた。

最後に再びマイクを握った相葉さんは、さらに全国各地でクリスマスに向けて舞台挨拶をしていくことを予告! この日の客席は女性が目立ったが「お父さんを誘って見に行ったら面白い意見が聞けるかも(笑)」と呼びかけた。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top