太田莉菜、原作以上の“三国志オタク”に豹変!『海月姫』衝撃の場面写真6連発

映画

太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 太田莉奈(まやや役)/『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • -(C) 2014映画『海月姫』製作委員会  -(C) 東村アキコ/講談社
講談社「Kiss」にて連載中の大人気コミックを、能年玲奈を主演に実写映画化した現代のシンデレラ・エンターテイメント『海月姫』。本作では、能年さんを含むオタク女子集団のひとりを演じたモデルで女優の太田莉菜が、完全に振り切れた三国志オタクを熱演。その豹変っぷりがよく分かる場面ビジュアルが、一挙に6点解禁となった。

東村アキコによる同名ベストセラー・コミックスを、能年さんや菅田将暉、長谷川博己に、池脇千鶴、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえ、さらに片瀬那奈や速水もこみちといった個性豊かな豪華キャスト陣で映画化した本作。

能年さんの三つ編み&メガネのオタク女子姿や、菅田さんの絶世の“女装美男子”っぶり、“独身貴族”俳優・長谷川さんのこじらせ童貞っぷりなどが早くも話題となっているが、太田さんは、物語の舞台となる男子禁制のアパート・天水館に暮らすオタク女子“尼~ず”のひとりで、三国志オタクの“まやや”を演じている。

人形劇の三国志でその世界に目覚め、切れ長の目に長身という特徴からついた昔のあだ名は「殺し屋」、時には「竹ぼうき」…。常に緑ジャージをインした姿で、どんな会話も三国志の話に結びつけてしまい、独特な言動を繰り返す“まやや”を、太田さんは見事に体現。伸び切った前髪でいつもの美貌はまるで見られず、まさに原作の世界から飛び出してきたようなキャラクターを演じている。

早くもSNSでは、「まやや様が、予想以上にまやや様」「太田莉菜、ハマり役にも程があるw。まじで漫画から出てきた感、半端ねえ」といった声も挙がっているほど。

自身も原作の愛読者という太田さんは、「とうとう未開の地へ足を踏み入れるときがやってきたか…」と出演が決まったときの感想を明かす。「まややと聞いた瞬間は恐れ多すぎて、このひねくれ者のうっとうしい愛すべき『まやや』というキャラクターに、私が挑んで果たして大丈夫なものか…いやだめだ、でもやるんだ、いやでも、いや逃げちゃダメだ、などなどの繰り返しでした」とコメント。

「この世界に加われること、とっても光栄なのと同時に作品をけがすことのないよう精一杯『まやや』を生きたいと思います。いろんなことを吹っ切って、まややが『おぬしよくやったぞ』と労ってくれるよう、頑張りたいと思います」と意気込みを語っていた。

まずはこちらの場面ビジュアルから、太田さんの熱演ぶりを確認してみて。

『海月姫』は12月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top