妻夫木聡、美大生たちに「写真OK」の出血大サービス!「自分を信じて」と熱血エール

最新ニュース

妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
  • 妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
  • 妻夫木聡&石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
  • 妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
  • 妻夫木聡&石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
  • 石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
  • 妻夫木聡&石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
俳優の妻夫木聡が12月15日(月)、武蔵野美術大学で『バンクーバーの朝日』のティーチイン試写会にサプライズで出席。「この日を楽しみにしてきた」という妻夫木さんは、予定の時間を40分も延長し、石井裕也監督と共に美大生たちの質問に応じ、熱いメッセージを送った。

「大阪芸大出身の自分としては、武蔵美はオシャレで羨ましいと思っていた」という石井監督の紹介でサプライズ登場した妻夫木さんは、「今日は事務所に確認とって、写真撮っても大丈夫にしたので、ツイッターでもなんでも上げてください」と冒頭から大サービス。騒然となる教室で、「今回の映画で僕自身、一つの物事に一生懸命になるということを学ばせてもらったから、特に若い人に観てもらいたい」と笑顔で呼びかけた。

そして、ティーチインでは「戦前の衣装を再現するにあたって意識したことや参考にしたものは?」「時間の移り変わりを表現するために気を付けたことは?」「バンクーバーの空と、撮影した栃木の空をどうやって合わせたのか?」「当時の関係者へのインタビューはどのぐらいしたのか?」といった細かい質問が続出。

そんな中、自主制作をしているという映像学科の女子学生から「フィルムとデジタル、どちらで作っていくのがいいのか…」という悩みを相談されると、石井監督は「これは完全に私見だけど、人間を捉えるメディアとしては、フィルムが今のところ最高だと思う。予算や機動性の問題があるから『フィルムでやりたい』と言うと煙たがられるし、現実的ではなくなってきているけど、フィルムの良さは独特の抽象性。4Kだなんだと、映像をくっきり綺麗に撮ればいいということではないと思います」と持論を展開。

妻夫木さんも「カメアシさんがフィルムを交換するロールチェンジを眺めながら、『ああ、自分は映画の現場にいさせてもらっているんだなあ』と噛みしめるのが好きだったんですよね。日本映画は、フィルムを無駄にしないために、段取りやテストを何回もやって、本番は1回で撮るのが基本。デジタルにはデジタルの素晴らしさがあると思うけど、本番のありがたみは薄れるのかな。僕にとっては残ってほしいと思う存在」と、衰退しつつあるフィルム撮影への想いを語った。

さらに、「体調管理法を教えて」とリクエストされた妻夫木さんは、「本番前でスイッチを入れられる役者だったらいいけど、僕は不器用でそれができない。だから、いつも1か月以上前から仕事は入れないでもらって、役に没頭して身を捧げちゃう。それがいいかは分からないけど、私生活まで役に引きずられて、食べるものも顔つきも変わっちゃうタイプ。だから、体調管理はしてないです(笑)」と明かし、学生たちを驚かせていた。

そんな2人は回答に熱が入るあまり、スタッフに「まだいける? 時間延ばして」と度々ジェスチャーで伝えながら、予定の時間を40分も延長。最後に、妻夫木さんは「みんな目がキラキラしていて、これからの夢や希望に満ちあふれているんだなと本当に思いました。これからいろんなことがあると思うけど、信じることはすごく大事。失敗したっていいんですよ。僕なんか何百回と失敗してきたし、くじけそうになってきたけど、好きだから続けられることが絶対にある。そういう自分を信じてあげて、一生懸命ぶつかって、これからの可能性をどんどん広げていってほしい」と熱いメッセージを送り、「超楽しかった! もっとやりたい」と石井監督と笑いあっていた。

映画『バンクーバーの朝日』は12月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top