ジブリ高畑勲『かぐや姫の物語』、本日より国立新美術館で特別展

映画

スタジオジブリ高畑勲・監督作『かぐや姫の物語』/(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK
  • スタジオジブリ高畑勲・監督作『かぐや姫の物語』/(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK
  • ジブリ鈴木敏夫と太田光(爆笑問題)が考えた…『かぐや姫の物語』キャッチコピー/(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK
  • 特別展示『かぐや姫の物語』の物語
2013年に公開され話題を呼んだ、スタジオジブリの高畑勲監督の最新作『かぐや姫の物語』。公開当、その匠の技に「国宝級」とまで言われ、来年2月に行われるアカデミー賞にも期待がかかる本作だが、本日(12月17日)より、DVD&ブルーレイの発売を記念して国立新美術館にて“特別展示『かぐや姫の物語』の物語”が7日間限定で開催中だ。

本作は、日本最古の物語文学「竹取物語」に隠された、ひとりの少女・かぐや姫の“罪と罰”を独特なタッチで描く長編アニメーション。昨年の宮崎駿の『風立ちぬ』のノミネートで日本中が大いに沸いた米アカデミー賞だが、本作もすでに来年行われる同賞の「長編アニメーション部門」へのノミネート資格を持つ20作品のうちの1本として発表されている。

今回の特別展示は、以前より「アニメーション」という芸術表現に注目していたという国立新美術館が、“アニメーション表現の限界”に挑戦したとも言える本作の作品性に共感して実現に至ったよう。

この特別展示では、スタジオジブリのスタッフによって描かれた原画や、自然を描いた背景美術などの実物展示を始め、DVDのパッケージデザインの元にもなった桜の木の下で姫が舞うシーンを高さ2,4メートル、幅3,5メートルのもの大きさに拡大して展示。また、高さ1メートル、幅1,8メートルのビッグバナー8枚を吊り下げ、かぐや姫の誕生シーンをダイナミックに展示するなど、様々な角度から『かぐや姫の物語』の映像が作られた秘密に迫るものとなっている。

『かぐや姫の物語』ブルーレイ&DVDは発売中。

<特別展示『かぐや姫の物語』の物語/開催詳細>
■会  期:12月17日(水)~23日(火・祝)まで。
■開催時間:10時~18時 ※金曜日は20時まで/入館は閉館の30分前まで。
■実施場所:国立新美術館 1階ロビー(東京都港区六本木7-22-2)
■備  考:入場無料
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top