宮沢りえ、報知映画賞で「主演女優賞」 池松壮亮と喜びの“熱いハグ”!

最新ニュース

喜びのハグを交わす、宮沢りえ&池松壮亮/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 喜びのハグを交わす、宮沢りえ&池松壮亮/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 号泣する大島優子(AKB48)&秋元康(総合プロデューサー)/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 宮沢りえ&池松壮亮/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 宮沢りえ&池松壮亮&大島優子(AKB48)&吉田大八(監督)/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 「第39回報知映画賞」表彰式
  • 「第39回報知映画賞」表彰式
  • 「第39回報知映画賞」表彰式
  • 「第39回報知映画賞」表彰式
女優の宮沢りえが12月17日(水)、都内で開催された「第39回報知映画賞」の表彰式に出席。7年ぶりに映画主演を務めた『紙の月』(公開中)での体当たりの演技が高く評価され、「主演女優賞」に輝いた。

2002年の「たそがれ清兵衛」でも同賞を受賞している宮沢さんは、「銀幕を彩った大先輩たちも同じ場所に立って受賞されたと思うと、本当に感動でいっぱいです。『志高く誠実に頑張りなさい』と言われているようで、己にムチをいっぱい打ちたい気持ち」と感無量にスピーチした。

花束贈呈には、共演の池松壮亮が駆けつけた。池松さんは、宮沢さんとの濡れ場にも挑み「りえさんの覚悟がこういった形で認められて個人的にもうれしい。りえさん、おめでとうございます」と祝福。宮沢さんも、「“本番”という嘘の時間を、”本当”のもので一所懸命に埋めてくれた池松さんら共演者の方々にも感謝でいっぱい」と熱いハグを交わした。

また、同作で「AKB48」卒業後初めて映画出演を果たした大島優子も、栄えある「助演女優賞」を受賞。大島さんは、「賞とは縁遠いものだと思っていた。この賞に出合わせてもらい心から感謝。時に励みに、常に自信に、これからの糧にさせていただきたいと思います」と飛躍を誓った。「AKB48」の総合プロデューサー・秋元康がサプライズで祝福に駆けつけると、感極まって思わず涙ぐむ姿も見せた。

『紙の月』は、「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」などで人気を誇る作家・角田光代のベストセラー小説の映画化。年下の不倫相手(池松さん)のため、顧客の金を横領してしまう女性銀行員(宮沢さん)の姿を描き出した。宮沢は、「7年ぶりの主演という中で、監督が緻密に丁寧に志高く、私を支えて引っ張ってくれたのだと思う。感謝しています」と、メガホンをとった吉田大八監督に改めて感謝の意を述べた。

<「第39回報知映画賞」受賞結果一覧>
■作品賞・邦画部門:『0.5ミリ』(安藤桃子監督)
■作品賞・海外部門:『ジャージー・ボーイズ』(クリント・イーストウッド監督)
■監督賞:小泉堯也(『蜩ノ記』)
■主演男優賞:岡田准一(『永遠の0』)
■主演女優賞:宮沢りえ(『紙の月』)
■助演男優賞:津川雅彦(『0.5ミリ』)
■助演女優賞:大島優子(『紙の月』)
■新人賞:小松菜奈(『渇き。』)
    :登坂広臣(『ホットロード』)
    :西田征史(『小野寺の弟・小野寺の姉』)
■特別賞:『アナと雪の女王』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top