三代目JSB登坂広臣の祝福にHIRO参上! 報知映画賞受賞に「心から光栄」

最新ニュース

HIROと登坂広臣(三代目J Soul Brothersrs from EXILE TRIBE)/「第39回報知映画賞」表彰式
  • HIROと登坂広臣(三代目J Soul Brothersrs from EXILE TRIBE)/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 宮沢りえ&池松壮亮&大島優子(AKB48)&吉田大八(監督)/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 号泣する大島優子(AKB48)&秋元康(総合プロデューサー)/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 安藤桃子(監督)&安藤サクラ&津川雅彦&坂田利夫/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 小松菜奈/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 宮沢りえ&池松壮亮/「第39回報知映画賞」表彰式
  • 役所広司「第39回報知映画賞」表彰式
「第39回報知映画賞」の表彰式が12月17日(水)、都内で開催され、「主演男優賞」を受賞した岡田准一、「主演女優賞」の宮沢りえ、「助演男優賞」の津川雅彦、「助演女優賞」の大島優子、「新人賞」の登坂広臣(三代目J Soul Brothersrs from EXILE TRIBE)らが出席。受賞者への花束贈呈には、役所広司、秋元康、片桐はいり、安藤サクラ、池松壮亮、HIROら豪華サプライズゲストが次々と駆けつけ、会場に華を添えた。

今後の国内映画賞の行方を占う意味でも話題を集める同賞。今年大ヒットを記録した『永遠の0』(山崎貴監督)で特攻パイロットを熱演した岡田さんは、ジャニーズ初となる快挙に「このような光栄な賞をいただき嬉しく思う。若い頃に悩んでいたとき、『芝居を続けなさい』と道を示してくれた事務所の方や役者の先輩方のおかげで何とか芝居を続けてこられた。今後とも精進していきたい」と感謝の気持ちと決意を語った。

「新人賞」は、賛否両論を巻き起こした鬼才・中島哲也監督の野心作『渇き。』でヒロインに抜擢された小松菜奈、『ホットロード』で俳優業に初挑戦した「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣、向井理と片桐はいりが姉弟役を好演した『小野寺の弟・小野寺の姉』で長編デビューを果たした西田征史監督が受賞した。

小松さんは、優等生に隠された狂気を演じ切り「全てが初めてで大変なこともたくさんあったけど、素晴らしい環境のおかげで伸び伸びと演技ができました」と笑顔。サプライズで駆けつけた中島監督は、「自分が来たら『絶対泣くぞ』とスタッフに言われたけど、(小松さんは)全くの無表情(笑)。コソコソ隠れて出て来る必要なかった」と冗談交じりに祝福した。

同じく初演技での受賞となった登坂さんは、「まだまだ恐縮な気持ち。この賞にふさわしい表現者に成長していきたい」と抱負を述べ、花束贈呈に駆けつけた「EXILE TRIBE」のプロデューサー・HIROさんも、「身内のメンバーの受賞を心から光栄に思う。これからもともに初心を忘れずに頑張っていきたい」と気を引き締めた。

「作品賞」には、奥田瑛二の長女・安藤桃子監督作『0.5ミリ』が輝き、安藤監督をはじめ、主演で妹の安藤サクラ、助演男優賞受賞の津川雅彦、共演の坂田利夫が勢ぞろい。女優賞を独占した『紙の月』チームも、花束贈呈に駆けつけた池松壮亮と吉田大八監督と受賞の喜びを分かち合った。

特別賞には、社会現象を巻き起こしたディズニーの大ヒット作『アナと雪の女王』が選出された。なお、“長年の映画界への貢献”として同賞を贈呈予定だった故・高倉健さん(享年83)は、故人の遺志を尊重し、所属事務所の高倉プロモーションが受賞を辞退した。

<「第39回報知映画賞」受賞結果一覧>
■作品賞・邦画部門:『0.5ミリ』(安藤桃子監督)
■作品賞・海外部門:『ジャージー・ボーイズ』(クリント・イーストウッド監督)
■監督賞:小泉堯也(『蜩ノ記』)
■主演男優賞:岡田准一(『永遠の0』)
■主演女優賞:宮沢りえ(『紙の月』)
■助演男優賞:津川雅彦(『0.5ミリ』)
■助演女優賞:大島優子(『紙の月』)
■新人賞:小松菜奈(『渇き。』) 
    :登坂広臣(『ホットロード』)
    :西田征史(『小野寺の弟・小野寺の姉』)
■特別賞:『アナと雪の女王』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top