中井貴一&柳葉敏郎、撮影で揃って“肉離れ”…過酷な野球シーンに恨み節

最新ニュース

中井貴一&波瑠&工藤阿須加&柳葉敏郎&大森寿美男(監督)/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 中井貴一&波瑠&工藤阿須加&柳葉敏郎&大森寿美男(監督)/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 中井貴一&波瑠&工藤阿須加&柳葉敏郎&大森寿美男(監督)/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 中井貴一/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 工藤阿須加&柳葉敏郎/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 波瑠/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 工藤阿須加/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 中井貴一&波瑠&工藤阿須加&柳葉敏郎&大森寿美男(監督)/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
  • 中井貴一&波瑠&工藤阿須加&柳葉敏郎&大森寿美男(監督)/『アゲイン 28年目の甲子園』初日舞台挨拶
映画『アゲイン 28年目の甲子園』が1月17日(土)に公開を迎え、主演の中井貴一をはじめ、波瑠、工藤阿須加、柳葉敏郎、大森寿美男監督が舞台挨拶に登壇した。

重松清の小説を原作に、元高校球児を対象にした「マスターズ甲子園」を題材にした本作。かつて、県大会の決勝まで進みながらも甲子園の土を踏むことが出来なかった中年の主人公をはじめ、オヤジたちが甲子園を目指して奮闘するさま、その過程で家族との関係を見つめ直していく様子を描く。

中井さんは「日本で大人が観られる映画が少なくなった」と語り、本作は「大人に向けたいまの思い、青春はまだ終わってないということを伝えられたらと思って作った」と語り、中高年が目立つ客席からは拍手が沸き起こった。

中井さんは自身のポリシーとして出演作は公開後に、自分で映画館に足を運んで観るようにしているため、完成した映画を「まだ観てない」という。それでも撮影を述懐し「昨年の11月、12月に撮影したんですが、甲子園球場をお借りできるのはプロ野球がオフシーズンのときだけで、なぜオフシーズンかというと寒すぎるから(笑)。プロでも野球はやっちゃいけないよ、ケガするよ、という時期に撮影しました。練習は8月、9月の39度の炎天下で撮影は12月。筋肉どうなるんだ? と思ったら案の定、50を超えた2人(※中井さん&柳葉さん)は軽い肉離れを起こしまして、野球って大変だなと改めて感じました…。あの野球のスパイクは何なんですか? 足袋の下に鋼が付いているようなもので、あれでダッシュしろと言うもんだから、とっさに筋肉が付いていかなかった」と恨みつらみを口にする。

柳葉さんも「50を3つ、4つ過ぎると寒さとか体力とかいろいろ過酷(苦笑)。(劇中で)ちょっと足を引きずってるところありますが、前日に(肉離れを)やりました…」と明かす。それでも“聖地”甲子園のマウンドに立ったことについて、柳葉さんは「光栄でした」と顔をほころばせていた。

波瑠さんは、中井さんと道の真ん中で言い合いをするシーンがあるが、中井さんはこのシーンについて「(ロケ地の埼玉県の)川越の目抜き通りで撮影したんですが、1カットで撮るので昼からずっと稽古してたんです。その時はカメラがない中で商店街の真ん中で、『この人たち何?』と思われながら相当やってました(笑)」と明かす。その甲斐あって、本番は1発OKだったそうで、波瑠さんは改めて中井さんについて「すごく頼もしい先輩です。(中井さんとの共演は)常に緊張感があるけど、それをほどいてくれるんです。言葉ではなく空気で包んでくださり、ありがたかったです」と語った。

この日は、主題歌「夢のつづき」を歌う歌手の浜田省吾からのメッセージも寄せられたが、20年来の知り合いである中井さん、“ハマショー”世代の柳葉さんは感激。同曲を「ずっと家で流している」という工藤さんは、両親が浜田さんのファンだそうで「母に『主題歌誰なの?』と聞かれて『浜田省吾さんらしいよ』と行ったら、それだけで『私、見に行くわ!』と言ってました」と明かした。

『アゲイン 28年目の甲子園』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top