鈴木京香、割烹着姿で7児の母親に!「おかあさんの木」映画化

映画

『おかあさんの木』-(C) 2015「おかあさんの木」製作委員会
  • 『おかあさんの木』-(C) 2015「おかあさんの木」製作委員会
  • 主演を務める鈴木京香
昭和52年より小学校5年生用の教科書に掲載され、5月には大人向け文庫としても発売が決定している大川悦生著「おかあさんの木」が、戦後70周年を迎える今年、映画化されることが決定。女優の鈴木京香が7人の子どもたちを戦争に奪われていく母親を熱演していることが分かった。

突然はじまった戦争により、貧しいながらも懸命に育て上げた7人の子どもたちを次々と兵隊にとられ、そのたびに子どもの数だけ桐の木を植え、世話をし、無事に生きて帰るのを待つ母親の物語。

原作の映画化に挑むのは、『解夏』『がんばっていきまっしょい』など、様々な人々の心の深層を丁寧に描く監督・磯村一路。優しい母親・田村ミツを演じる鈴木さんの共演には、田村家の次男、二郎役に三浦貴大、ミツの夫の同僚で、夫の亡き後も田村家を見守り続ける昌平に田辺誠一、その娘サユリに志田未来らが名を連ね、“母と子の情愛”を描く。

主演の鈴木さんは「原作を読ませていただいたとき、母親の思いと子どもの思いが寄りそった、悲しみの中にも人のぬくもりの温かさが残る優しい物語だと思いました。ミツは素朴で強い、まさに大地のイメージの女性です。賢明に家族を思うミツは私の中で当時必死に生きた日本の母親像とぴったりと重なりました」とコメント。

今回公開されたビジュアルでも確認できるが、鈴木さんは割烹着姿で7児の母親を演じており、このことについて「割烹着姿の母親役をいつか演じてみたいと思っていましたし、割烹着に加えもんぺもパッチも快適で気に入りました。優しいミツにしっかりとついていきたいです」と明かし、「日本人の心の原風景ともいえるこの物語を、全ての世代の観客のみなさんの心にしっかりと届くよう、磯村監督のもとスタッフ・キャスト一丸となって励んでいきます」と意気込みを語った。

磯村監督は「原作の『おかあさんの木』は“二度と戦争をしてはならない”と長く語り継がれてきた現代民話です。いまから70年程前、主人公のお母さんは7人の子どもを産み育て、そして兵士として戦地へ送り出しました。子ども達は悲惨な戦いで命を失いました。私はこの母親のつらい悲しみを、いまの時代、また次の世代へと伝えたいと思い、映画『おかあさんの木』をつくります。この映画も民話のように、いつまでも観て貰えればと願って」とメッセージを寄せている。

『おかあさんの木』の撮影は3月上旬まで、茨城県・静岡県・長野県を中心に行われ、6月6日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top