【特別映像】二階堂ふみがキュートな“関西弁”を披露!『味園ユニバース』

映画

『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
  • 『味園ユニバース』-(C) 2015『味園ユニバース』製作委員会
「関ジャニ∞」の渋谷すばるを主演に迎えて贈る『味園ユニバース』。大阪を舞台に描かれた本作のヒロインを、『ヒミズ』『私の男』など海外でも高い評価を受けている二階堂ふみが好演するが、この度、二階堂さんの可愛すぎる関西弁を披露する特別映像が公開された。

広場で行われていたバンド「赤犬」のライブに、若い男(渋谷すばる)が乱入し、そこは一時騒然となる。しかし、マイクを奪った男が声を放つや、会場は水をうったように静まりかえる。圧巻の歌声! 若い男は記憶喪失で自分のことを何も覚えていないという。男の正体と歌声に興味を持った「赤犬」マネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は、彼を“ポチ男”と名付け、バンドのボーカルに迎えようとする。しかし、男の記憶に閉ざされた過去には、大きな問題があり…。

本作は、歌うこと以外の記憶を失った男“ポチ男”が、バンドやカスミとの出会いをきっかけに、過去の記憶と向き合い、自らを見つめ直す姿を描いた人間ドラマ。『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』『もらとりあむタマ子』など、オリジナリティあふれる青春を描く山下敦弘監督がメガホンをとる。

今回公開された映像は、「赤犬」メンバーとカスミがライブの打ち合わせをするなか、遅れてやってきたボーカルのタカアキが、全治二か月の交通事故にあうことで、ポチ男をメンバーとして迎えようとするシーン。その中には、「はよ、曲決めてよ」「え! 何!?」「歌え、ポチ男! 歌わへんなら飯ぬく」と、二階堂さんのキュートな関西弁が炸裂。



実は二階堂さんが関西弁に挑戦したのは本作が初! 自身も苦労したと語る関西弁だが、本作をいち早く観た大阪出身のマスコミ関係者からは「まったく違和感がない」という絶賛の声が多数あがっているという。

また、表面的に気が強いカスミのキャラクターが伝わる萌えポイントとなるのが、本映像のラストのカスミがタカアキを蹴るシーン。思わず笑ってしまう一幕だ。

「赤犬」が笑いをもたらす重要なポジションで出演していることも分かる今回の映像。渋谷さんと二階堂さんに加えて、「赤犬」の絡みでどう笑わせてくれるのか楽しみにしたい。

『味園ユニバース』は2月14日(土)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top