みのもんた「どうしてもっと女房を…」 “夫婦愛”に感涙コメント続々『妻への家路』

韓流・華流

チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』 (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』 (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』 (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』 (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』 (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』 (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』 (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • チャン・イーモウ監督×コン・リー主演/『妻への家路』ポスタービジュアル (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
映画『HERO』『単騎、千里を走る。』ほか、北京五輪開会式やAPEC歓迎式典の演出も手がける巨匠チャン・イーモウ監督が、かつてのミューズ、コン・リーと再タッグを組んだ『妻への家路』。このほど、本作をいち早く鑑賞した著名人から感涙のコメントが到着。数年前に最愛の伴侶が他界した、みのもんたや萬田久子、池波志乃、夏木マリら多数の著名人が絶賛の声を寄せていることが分かった。

世界でも高く評価されるチャン・イーモウにとって20本目の監督作となる本作は、「パワフルで深い。涙が止まらなかった」と、あのスティーヴン・スピルバーグも感服した、この世で最も切ない夫婦の愛の物語。文化大革命が集結し、20年ぶりに解放され家路につく夫が見たものは、夫を待つ心労のあまり記憶障害となり、夫の記憶だけを失っていた妻だった。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続ける妻と、20年書き溜めた何百通もの手紙を読み聞かせ、どうにかして妻の記憶を取り戻そうと寄り添い続ける夫の姿を描き出していく。

マスコミ向け試写会でも、目を真っ赤にして試写室を後にする関係者が多いなか、今回届いた著名人からも感涙のコメントが相次いでいる。伴侶を失ったみのさんや萬田さんからは、夫婦愛を噛みしめるようなコメントが寄せられたほか、「自分を支える大事な存在に改めて気付かされる」(片岡愛之助)と、大切な人がいることの尊さを問いかけている。

「究極の夫婦愛とは添い遂げること、たとえどんな形であっても」(池波志乃)というコメントにもあるように、本作のテーマは究極の夫婦愛の形。記憶喪失の妻役を演じたのは、『赤いコーリャン』『秋菊の物語』『活きる』などで各国の映画祭の栄えある賞を席巻し、チャン・イーモウ監督とともに映画の歴史を生み出してきた、コン・リーだ。

撮影が始まる前に、実際に病院と老人ホームで生活し、多くの観察と研究を行い、この病気を患った人たちの肉体と心理を体感した彼女の演技力にも、「痛いほど感じるコン・リーの演技には殺られました」(夏木マリ)と絶賛の声が上がっている。

誰よりも互いを求めているのに、決して心を通い合わせることのできないふたりが、やがて見つけたその先にあるものとは…。この春、ハンカチ必須の1本となりそうだ。


<著名人コメント>

■みのもんた(キャスター)
妻に先立たれて三年。お釈迦様の手の平の上の自分が見えてきました。夫婦の愛、どうしてもっと妻を…どうしてもっと女房を…

■萬田久子(女優)
なんて美しいもどかしさ。いままで感じたことのない“疼(うずき)”が全身をかけめぐり大人げない戸惑いに久しぶりに嗚咽した。やっと逢えたのに…やっと触れあえるのに…こんなに遠くにいるなんて。

■夏木マリ
その温度、その匂い、そして、時間…チャン・イーモウという監督はなんという人なんでしょう。いい映画でした。そしてすばらしい3人のキャスト。痛いほど感じるコン・リーの演技にはやられました。

■池波志乃(女優・エッセイスト)
涙が止まらず立ち上がることさえ出来なかった。 心で寄り添うことが、連れ添うことだと気づかされた。究極の夫婦愛とは添い遂げること、たとえどんな形であっても。

■片岡愛之助(歌舞伎俳優)
チャン・イーモウ監督の最新作、やはり素晴らしかった! 一つの大きな愛の形に圧倒されました。自分を支える大事な存在に改めて気付かされる作品です。

■小島慶子(タレント、エッセイスト)
私たちはみんな、こんな風にすれ違っているのかもしれない。切なく美しい物語は、誰かと生きることの本質を静かに描いている。

■佐伯チズ(美肌師・生活アドバイザー)
溢れる心の涙が止まらない。これこそが純愛であり、最上級の愛の形。切なくも一途できれいな真の夫婦愛。是非、愛する人や愛したい人と一緒に観ていただきたい映画です。

■よしもとばなな(小説家)
東洋人である私たち全員が魂で知っている静かな戦い、決して手放さない愛のやり方です。

『妻への旅路』は3月6日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top