TBS4月改編で朝4時の報道番組スタート! 「ひるおび」後の午後帯にも生放送情報バラエティ開始

最新ニュース

TBSの4月期の番組改編に関する記者発表会が3月10日(火)に行われ、3月30日(月)より開始の「はやドキ!」で朝4時台の情報番組に参入することを発表した。

会見には編成局長の津村昭夫氏、編成部長・伊佐野英樹氏が出席した。昭和30年4月1日の放送開始から数えて、今年は開局60周年にあたり、「60」のロゴと「未来へつなぐ、From TBS」というキャッチコピーも新たに発表された。

今回の改編で特に注目を集めるのがニュースおよび、情報番組。現在、TBSでは早朝の情報番組として5:00から「はやチャン!」そして5:30より「あさチャン!」を放送しているが、3月30日(月)より「あさチャン!」をリニューアルしセットや構成、演出を一新。この「あさチャン!」よりもさらに早い朝4:00~5:30の生放送番組としてニュース、天気予報にスポーツ、エンタメ情報などを伝える「はやドキ!」がスタートする。

すでに他局では朝4:00台のニュース情報番組は放送中であり「遅ればせながら」(伊佐野部長)の参戦となる。理由として伊佐野部長は、社員の「残業禁止」を打ち出す企業が増えたことで、それを補うために早朝から出社する人々やいわゆる“朝活”に勤しむ人々が増加したことを挙げる。これまで、高齢層しか早朝のTVを見ないというイメージがあったが、マーケティングにより、早朝からTVを見る人々が増加しているという結果が見られ、他局にならって参戦することを決めたと説明する。

さらに「あさチャン!」(5:30~8:00)に続く8:00からの番組として、すでに報じられているように現在放送中の「いっぷく!」の後釜として「白熱ライブ ビビット」(8:00~9:55)がスタートする。「いっぷく!」がニュースに加えて生活情報を伝える番組だったのに対し、こちらの新番組は芸能ニュースなどを含む情報バラエティの色合いが濃くなっている。「いっぷく!」に続いて国分太一(TOKIO)がMCを務めるのに加え、“相棒”には女優の真矢ミキを抜擢。この他、ヒロミ、千原ジュニアらが曜日ごとのコメンテーターを務める。

また、午後帯では現在、ドラマの再放送枠となっている「ひるおび」(11:00~13:52)の後の時間帯で、生放送の情報バラエティ「ゴゴスマ~GOGO! Smile!~」(13:55~14:53)がスタート。こちらは現在、名古屋のローカル番組として好評を得ている同番組をTBSでも放送するという形になり、大久保佳代子、林修、松本明子、山口もえ、黒田知永子らが曜日コメンテーターを務める。昨今、各種の記者会見などが午後2時過ぎに開催されることが増えており、その時間帯に生番組の枠を持ちたいというのが、この時間帯に情報バラエティを置く大きな理由だという。朝の「いっぷく!」終了に伴い、「いっぷく!」で紹介していた様々な生活情報をこの「ゴゴスマ」で補うことになるという。

現在、この時間帯は裏番組で「情報ライブ ミヤネ屋」(13:55~15:50/読売テレビ)が人気を集めており、TBSのドラマ再放送は視聴率3%ほどを推移しており、「ゴゴスマ」の目標の視聴率として伊佐野部長はまずは「5%を超える」ことを掲げた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top