【予告編】岡田将生、アクションシーン満載!主題歌“ゲス乙女”も『ストレイヤーズ・クロニクル』

映画

『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 岡田将生/『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 昴(岡田将生)/『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 学(染谷将太)/『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 亘(白石隼也)/『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 良介(清水尋也)/『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 壮(鈴木伸之)/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • ヒデ(柳俊太郎)/『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優らを筆頭に、若手注目株の俳優が勢ぞろいし、本多孝好による新感覚アクション巨編小説を実写化した、映画『ストレイヤーズ・クロニクル』。このたび疾走感あふれる予告映像とメインビジュアルが解禁となった。

1990年代初め、ある極秘機関の実験によって、2組の“進化した”子どもたちが誕生した。全く違う方法で生み出された彼らの共通点は、通常の人間にはない特殊能力を持つこと。彼らはその能力と引き換えに、20歳前後までしか生きられないという宿命を背負っていた。対立する2つの集団、彼らを利用しようとする権力者たち…それぞれの思惑が交差する中、切なくも壮絶なバトルが始まる──。

今回解禁された予告映像では、未来の希望を信じた昴(岡田将生)率いるチームスバルと、未来に絶望し人類の破滅を企てる学(染谷将太)率いるアゲハチームがそれぞれの特殊能力を駆使して闘うアクションシーンがふんだんに使用されており、手に汗握らずにはいられないセンセーショナルな映像となっている。



これが初披露となる主題歌は、若者を中心に熱狂的な支持を集め、岡田さん自身も大ファンだという人気4人組バンド「ゲスの極み乙女」が手掛ける「ロマンスがありあまる」。迫力の戦闘シーンに重ねられた透明感ある歌声がアクセントとなり、予告映像を彩っている。

また、併せて解禁された本ポスターのビジュアルも、スバルとアゲハ、2つのチームの激しいバトルを暗示した、スタイリッシュな仕上がりに。「人間の限界を超える身体能力を発揮できる」という能力を持った昴を演じる岡田さんと、不敵に構える染谷さんの姿が、まさに“次世代アクション超大作”の誕生を予感させる。

混沌とした現代を生きるすべての人々に贈る、切なくも壮絶なアクション・エンターテイメント超大作の公開を心待ちにしていて。

『ストレイヤーズ・クロニクル』は6月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top