【インタビュー】岡田将生、憧れのリーダー像を語る 『ストレイヤーズ・クロニクル』

最新ニュース

『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生/photo:Nahoko Suzuki
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生/photo:Nahoko Suzuki
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生/photo:Nahoko Suzuki
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生/photo:Nahoko Suzuki
  • 岡田将生/『ストレイヤーズ・クロニクル』(C) 本多孝好/集英社(C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生/photo:Nahoko Suzuki
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生/photo:Nahoko Suzuki
  • 昴(岡田将生)/『ストレイヤーズ・クロニクル』 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会
  • 『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生/photo:Nahoko Suzuki
「何となくは分かりますけど、自分の口からはちょっと言いづらいです(笑)」と呟いた後、照れと笑みをこらえるようにうつむいてしまった──。

等身大。ありのまま。ナチュラル。表現は何でも構わないが、岡田将生ほどピュアに、飾らないでその場にいようとする人はあまりいない。4年前に公開された『アントキノイノチ』に続き、瀬々敬久監督作の主演に抜擢された理由もそこにありそうだが、当の本人は起用の訳を監督に確かめてはいないそうで、「そんなこと聞けないです(笑)。でも、今回の作品は参加できたことに意味があって。いろんな方々に観てもらいたいなと心の底から思っていますし、瀬々監督と再びお仕事ができて本当によかったです」と笑顔を見せる。

「参加できたことに意味がある」のは、アクションを求められる作品だったことも大きいという。『ストレイヤーズ・クロニクル』は本多孝好の同名ベストセラー小説を映画化したもの。その主人公であり、極秘機関の実験によって誕生した特殊能力者・昴を演じるにあたり、まずは初めてのアクショントレーニングに臨んだ。

「本当に何も知らないところから始まったので、すべてが新鮮でした。アクション部の方々が、昴という役に合ったアクションをいろいろ考えてくださったんです。このシーンの昴はこういう感情だからこういう動きになるんだなとか、『なるほど、なるほど』と思わされることばかりで。見せ方1つにしてもそう。練習風景をビデオカメラで撮って見せてもらったんですが、腰の入れ方や足の角度で見え方が全然違うんです。そうやって教えていただきながら作る過程が新鮮でしたし、時間が許す限りトレーニングもしました」。

ちなみに、本編中の岡田さんはサラサラのストレートヘア。華麗なアクションの動きに反応し、バッサバッサと揺れる毛束がカッコいい。本来の癖を活かしたフワフワヘアもキュートだが、「今回はストレートパーマをかけました!」と明かす。

「アクションのように動きのあるシーンを撮るとなると、髪の癖が出ちゃって…。なので、思い切ってかけちゃった方がたまにはいいかなって。もちろん、原作の描写も意識しました。ただ、それでもたまにクルッと癖が出ることはあって…。『本当にかけた?』って、かけた次の日に監督に言われました(苦笑)」。

愛あるツッコミがナイスな瀬々監督とは、固い信頼関係で結ばれていることが分かる。「僕が言うと、安っぽくなっちゃうんですけど…」と恐縮しながらも、2本の現場を経た今、監督に向ける思いは増すばかりのようだ。

「いつ死んでもおかしくないくらいのテンションで、現場を引っ張ってくださるんです。その姿がすごく好き。それに、恥ずかしがり屋で、不器用で、人間っぽいんです。ちょっと失礼な言い方ですけど見ていて面白いですし(笑)、身を削りながら映画を作っている姿が素敵だなって。生き方が格好いいんです」。

憧れる気持ちがあるのでは? と訊くと、「どうだろ(笑)」と再び照れモードに。だが、「もしかしたら、そう思っている自分がいるのかもしれないです」と認める。その瀬々監督から受けたオーダーは、「ずっと葛藤していてほしい」というもの。3秒先の未来が見える昴は特殊能力者の仲間を率いながら、未来のために力を使おうと奮闘し続ける。

「昴は本当に優しい青年である一方、すごく葛藤しながら生きている。彼は仲間のことを支えながら、どう生きていくか、どう戦っていくかを考え、自分の正義を模索し、貫きながら生きてきたんです。そんな彼の悩みは特殊な能力があるかないかにかかわらず、今を悩みながら生きている人に通ずるもの。形は違うけど、共感できる部分はたくさんありました」。

仲間を導こうとする昴同様、岡田さんも撮影現場ではリーダー的ポジションにあったとか。清水尋也、瀬戸利樹から成海璃子まで、仲間役の共演陣は年下の俳優ばかり。「それがちょっと、新しい感覚で…(笑)」とふり返る。

「今、何を考えてるのかな? とか、やりづらくなかったかな? とか、自分よりも周りが気になる状況って今まではあまりなかったんです。でも、今回は仲間役ということもあって顔を見ているだけで思いが強まったり、一緒にいて心地いい時間がありました。清水くんや瀬戸くんとは年齢が離れていたので、話についていけなかったりもしたんですけど(笑)。空き時間にゲームをしたり、みんなで焼き肉を食べに行ったりもしました。自分から誘うなんて、今まではなかったんですけど」。

「でも、僕はまだまだだなって。もうちょっとしっかりしなきゃなと思いました」と反省の色も見せる中、「自然と人が集まってくるような、ついて行きたくなるような背中のリーダーになれれば格好いいし、素敵なんだろうなって」と語る。

「でも、結局のところ、僕は僕なので。これまで先輩方の背中を見させていただいて、こんな人になりたいなと理想にすることもありましたし、いいものを取り入れようともしてきました。そうやってちょっとずついただいたいいものが、今の自分の中に入っているつもりです。そんな自分でありながら、また新しい、自分らしくなれたらいいなと思うんです」。

初めてのアクショントレーニング、初めてのリーダー体験…。初めてづくしの作品を経てなお、「これからも、やったことのないことは全てやっていきたい」と力強く言う。

「失敗してもいいし。怖いですけど、怖がらず。今回の挑戦も怖かったですけど、飛び込むのはとてもいいことだと思っているので。セーフティなところにばかり行っても仕方がないですしね。挑戦ばかりでも毎日家に帰って泣くことになるし(笑)、時には疲れちゃうのでセーフティな方にも行きますけど、チャレンジしたい気持ちは年々強くなっています。また違う形のアクションができたらいいなとも思うし、今は想像すらしていないような何かに挑戦する時が来るかもしれない。昴みたいに3秒先を見ることはできないけど、僕、何かに出会う力というか、出会いの運だけは持っているんじゃないかなと思っているんです」。

メイク:TOKI
スタイリスト:大石裕介(ディアグランツ)
《text:Hikaru Watanabe/photo:Nahoko Suzuki》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top