戸田恵梨香&杉咲花「キュンとした」…グザヴィエ・ドラン監督に絶賛の声続々

映画

『MOMMY/マミー』-(C) 2014 distributed by pictures dept. all rights reserved
  • 『MOMMY/マミー』-(C) 2014 distributed by pictures dept. all rights reserved
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
  • 『MOMMY/マミー』 Photo credit : Shayne Laverdiére / -(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.
昨年、カンヌ国際映画祭において、巨匠ジャン=リュック・ゴダールと「審査員特別賞」をW受賞した時代の寵児グザヴィエ・ドランの最新作『Mommy/マミー』。この度、戸田恵梨香、杉咲花、鈴木杏など、グザヴィエに魅了された著名人の方々からスペシャルコメントが届いた。

2015年、架空のカナダー。常に情緒不安定で、情熱が先走りすぎる息子スティーヴを矯正施設から引き取り、また親子で暮らすことになった母、ダイアン。2人の再スタートは希望と喜びにあふれるとともに、時にコントロールが効かなくなるスティーヴのために前途多難。そんなとき、向かいに住む教壇に立てなくなった高校教師のカイラが、スティーブの家庭教師を引き受けることに…。

『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』での鮮烈デビュー以来、圧倒的な美的センスで人々を魅了し続けるグザウィエ。そんな彼の虜となった著名人の数々から、本作に寄せる絶賛のコメントが届いている。

■戸田恵梨香(女優)
素晴らしいの一言! 何度鳥肌が立ったことか…表現法が繊細で自由で…。

■杉咲花(女優)
不器用に澄んだ魂をこの映画で目撃した。
へたっぴな愛情は涙が出るほど美しく、人懐っこさにきゅんとする。

■鈴木杏(女優)
生きていくこと自体が壮大な挑戦なのだと気づかされて、心が発火した。
グザヴィエ・ドラン監督自身の「挑戦」=『Mommy/マミー』は私にとって「希望」になった。生きていかなければ! きっとこの熱は、ずっと下がらない。

■栗原類(モデル/俳優)
発達障害の子とその親と隣人。それぞれが抱える問題があるからこそ互いを必要とする。甘えもなくシビアに接することでそこにリアリティが生まれる。

■光石研(俳優)
ぶつかっても、殴られても、転んでも、立ち上がり、歩き、走る。
生きる為、愛する為。感動です。お袋ありがとう。


さらに今回は、劇中で使用されるサウンドトラックのプレイリストも公開となった。「オアシス」の名曲「Wonderwall」や、最新作『モーニング・フェイズ』がグラミー賞最優秀作品賞を受賞したベックの同作より「Phase」、ラナ・デル・レイの「Born to Die」など、グザヴィエの映像美との組み合わせが楽しみでならない楽曲ばかりだ。

『Mommy/マミー』は4月25日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA、109シネマズ二子玉川ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top