門脇麦、初の単独映画主演! 異色の尾行サスペンスを実写化『二重生活』

映画

『二重生活』キャスト発表 -(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』キャスト発表 -(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 門脇麦/NHK連続テレビ小説「まれ」取材会
  • 長谷川博己/月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」完成披露試写会
  • 菅田将暉/『暗殺教室』初日舞台挨拶
恋愛小説の巨匠・小池真理子の傑作小説にして新境地といわれる「二重生活」が、この度、単独映画初主演となる門脇麦をはじめ、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキーら豪華キャスト陣を迎え実写映画化されることが決定した。

ある日、大学院生の白石珠(門脇麦)は、大学院の恩師篠原(リリー・フランキー)から論文のテーマに勧められた、見知らぬ人を“尾行”するという行為を実行。近所に住む石坂一家の夫(長谷川博己)の尾行を試すのだが、家庭という日常とは、全く違う顔を見せる石坂の秘密を知ってしまう。その温度に炙られたかのように、尾行という行為自体にのめり込んでいく珠。やがて彼女が信頼を寄せる篠原教授の秘密をも知ることになり、物語は思いがけない貌(かお)を見せ始める――。

まったく知らない人を尾行し、その生活をのぞき見る禁断の行為にはまるヒロインを演じるのは、『愛の渦』、連続テレビ小説「まれ」など出演作が相次ぐ若手女優・門脇さん。ふとしたきっかけで、珠に尾行される石坂役には、『ラブ&ピース』『進撃の巨人』など注目作の公開が待たれる長谷川さん。さらに、珠の恋人役として、『海月姫』での女装姿が印象的な菅田さん、また珠の担当教授で彼女に尾行を進める謎多き教授役にリリー・フランキーなど多彩かつ魅力あるキャストが集結した。

監督・脚本を務めるのは、NHK特集ドラマ「ラジオ」で文化庁・芸術祭大賞受賞、国際エミー賞にノミネートされるなど国内外から注目される岸善幸。本作が映画初メガホンとなる岸監督は「本作の登場人物の全てに二重、三重の心理があります。彼らを通じて“いま”を切り取りたいと考えております」と意気込みを語った。

また、本作が初の単独主演作となる門脇さんは「岸監督の作品は元々ドラマ『開拓者たち』と『ラジオ』を観ていて、いつか是非ご一緒したいなと思っていました。こんなに早くそれが実現するとは思っていなかったのでとても嬉しかったです」と出演の喜びを語り、「元々ドキュメンタリーを撮っていた監督とチームですし、役を演じるという感覚を捨てて、そのままでいた方が面白く化学反応するのではないかと思い、自分の中に漠然とある役を演じる時のスイッチみたいなものを今回は捨てて臨みました」と撮影をふり返った。

長谷川さんは監督について「監督は、僕がどういうところで悩んでいるかを話すと、ものすごく的確にとらえてくれて、その都度『こうしてみたら』とどんどん提案してくれる。でも答えはくれない。なかなかサディスティックな厳しい方だなと感じました」とコメント。

「台本を最初にいただいたとき、物語がすごく“いま”な感じがして、素直にやりたいなと思いました」と明かす菅田さん。さらに岸監督のドキュメンタリーのような作品作りにも触れ「ふり返ればすべてが初めての方法で毎日胸がキュンキュンしてドキドキしっぱなしでした」と、役者として充実した撮影だったことを覗かせた。

是枝裕和監督の『誰も知らない』などでカンヌ国際映画祭等の国際的な映画賞の受賞実績を持つ制作プロダクション テレビマンユニオンと、ヤンヨンヒ監督の『かぞくのくに』で話題を呼んだ映画配給会社スターサンズが製作を担当、音楽を『殺人の追憶』『レッドクリフPart I/II』の岩代太郎が担当する。豪華キャストで人間の二重性を描く本作。いったい物語りはどのような展開をみせるのか? 公開を楽しみに待ちたい。

『二重生活』は2016年初夏、公開予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top