有村架純、現役女子高生を前にオーディションに落ち続けた“ビリ”時代を告白

最新ニュース

有村架純/『ビリギャル』サミット
  • 有村架純/『ビリギャル』サミット
  • 有村架純、松井愛莉、蔵下穂波、阿部菜渚美/『ビリギャル』サミット
  • 有村架純/『ビリギャル』サミット
  • 松井愛莉/『ビリギャル』サミット
  • 蔵下穂波/『ビリギャル』サミット
  • 阿部菜渚美/『ビリギャル』サミット
  • 小林さやか/『ビリギャル』サミット
  • 有村架純、松井愛莉、蔵下穂波、阿部菜渚美/『ビリギャル』サミット
有村架純が金髪ギャルに扮した『ビリギャル』公開を直前に控え、リアルな“ビリ”女子高生を集めた試写会が4月27日(月)に開催。有村さんをはじめ、劇中でギャル仲間を演じた松井愛莉、蔵下穂波、阿部菜渚美、そして本作のモデルとなった小林さやかが来場した。

小林さんの実体験を当時の塾講師が書籍にした「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映画化した本作。学年最下位の壊滅的な学力のギャルが、ひとりの塾講師と出会い、母の愛や友情に支えられ、現役で慶應大学に合格するまでを描く。

この日、招待された女子高生150名は、応募の際に自身も“ビリ”であるという強烈なエピソードを書いた人ばかり。“ビリギャルサミット”と銘打って行われたイベントにふさわしく、リアルなビリギャルたちが集結した。

有村さん自身、今でこそ次々と話題作に出演し絶大な人気を誇るが、デビューした頃は受験ならぬオーディションにいつも落ちていたと告白。「(芸能界に)入る前の事務所のオーディションも落ちてるし、事務所に所属してからもことごとく(映画やドラマの)オーディションで落ちてました。すごく落ち込みますよ。自分をどうやったら目に留めてもらえるのか?やっぱり特徴がないのかなって」と今の姿からは想像もつかない、無名時代の辛さを明かす。「でもこれが自分なので、どう自分を伸ばすかを考えました」と語り、その姿勢に小林さんは「こういう子だから、こう(=大人気に)なるんでしょうね」と感心し称賛を送っていた。

この会場に足を運んだ女子高生たちの中にも、赤点や学年最下位のビリギャルがたくさんいるようだが、この映画の撮影中、現役女子高生だった阿部さんも赤点を取ったことが「たくさんあります(笑)」と告白。さらに、同じく撮影中に女子高生だった松井さんに関しても、阿部さんが「(赤点が)ありましたよ(笑)」と暴露し、会場は笑いに包まれる。そんな松井さんに関して、蔵下さんは「撮影中もずっと課題をやってました」と勉強と両立させつつ仕事に臨んでいたことを明かす。松井さんは「卒業が…(苦笑)」と照れくさそうに笑みを浮かべていたが、阿部さんが「一緒に卒業できました!」と語り、会場からは温かい拍手が送られた。

会場には、高2の時点で0点を取りつつも、現在、慶應合格を目指して日々勉強中という受験生もおり、有村さんは「すごい!」と感嘆。「素晴らしいと思います。目標を高くすることは勇気がいること。自分にプレッシャーを与えて、追いこんじゃうところもあります。でも目標を持つのは大切なことだし、頑張ってください!」と熱いエールを送っていた。

小林さんは、もしも自分の娘がギャルになったら?という問いには「いいと思います。私が言う権利はないです。ビリになっても?『いい度胸だ!』と言います」とニッコリ。可能性を秘めた女子高生たちを前に「選択肢はいっぱいあるけど、今しかできない選択をして世界を広げてほしい」と呼びかけつつ、その一方で受験勉強に関しては「早めにするに越したことはないですよ」とリアルなアドバイスも送り、会場は笑いに包まれた。

『ビリギャル』は5月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top