『呪怨』主演の平愛梨、ホラー卒業宣言! 「これで成仏して」

最新ニュース

平愛梨/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
  • 平愛梨/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
  • 柳ゆり菜&おのののか&桐山漣&平愛梨&最所美咲&小林颯&Double&落合正幸監督/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
  • おのののか/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
  • 桐山漣/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
  • 平愛梨&Double/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
  • 最所美咲&小林颯/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
  • 柳ゆり菜/『呪怨 -ザ・ファイナル-』初日舞台挨拶
女優の平愛梨が6月20日(土)、東京・新宿バルト9で行われた主演作『呪怨 -ザ・ファイナル-』の初日舞台挨拶に登壇。「呪怨のファイナルであり、私にとってはホラーのファイナル」とホラー映画からの卒業を宣言し、「これで成仏して!」と訴えた。

過去に国内外で10作が製作された人気ホラーシリーズ『呪怨』の最終章。前作『呪怨 -終わりの始まり-』のラストで消息不明となった妹の結衣を探す麻衣(平さん)は、小学校教師だった結衣が佐伯俊雄という不登校児の家を頻繁に訪問していたと知る。必死で手がかりを追う麻衣だが、やはり“呪いの連鎖”に巻き込まれて…。

大の怖がりだと言う平さんは、「もし、また『呪怨』のオファーがあったら? 絶対イヤです。差し入れなら持っていきますけど…」ともうコリゴリといった表情。それでも、「朝からみなさんがホラーを観てくださった喜びと同時に、終わってしまうさみしさがある」と名残惜しさもにじませた。

舞台挨拶には平さんを始め、共演する桐山漣、おのののか、柳ゆり菜、最所美咲、小林颯くん、主題歌を歌うDouble 、落合正幸監督が出席。邦画史上“最恐”ヒロインである伽椰子を演じた最所さんは、「前作で実現しなかった、階段を降りるシーンがようやくできた」と満足げ。白塗りにパンツ一丁という、こちらもシリーズの象徴的存在である俊雄役の小林くんも、「約束通り、平さんを怖がらせることができました」と上機嫌だった。

10年数年の歴史を経て、ついに完結する本シリーズだが、落合監督は「『呪怨』の呪いは不滅です!」と不敵な笑み。「自分でも、映画を“作らされている”感覚がある」と話していた。

『呪怨 -ザ・ファイナル-』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top