【独女のたわごとvol.11】ジューンブライドの季節は“愛ある映画”と一緒に過ごす

最新ニュース

『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 長谷川博己『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 麻生久美子『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 『ラブ&ピース』ポスタービジュアル -(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 西田敏行『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 『ラブ&ピース』ティザービジュアル-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
気づけば梅雨入り、梅雨の時期の6月と言えばジューンブライドですが…ええ、1か月以上更新をしていなかったというのに、結婚準備をしていたわけでもなく、花嫁修業でもなく、何の変化もなく“40”と言う名の大台に向けてひたすらカウントダウンをしておりました。そして、めでたく大台に乗ってしまった女、古山エリーです。こんばんは、今宵もたわごと綴ってまいります。

若い頃、という表現は自分がオバサンになった気がするので極力使いたくはないんですが、手っ取り早いので使っちゃいます(こういうところがすでにオバサンなんだな…)。で、もう一度、“若い頃“は誕生日をひとりで過ごすなんて想像もつかなかったんです。でも、ここ数年はめっきりひとりです。誕生日前後にお祝いしてもらうことはあっても、さすがに当日はみなさん遠慮してくださって、結果おひとりさま。今年ももちろんそのパターン。というわけで、仕事を終えた22時頃、いつものバーに行きましたとも。飲みましたとも。

その日は馴染みのお客さんがちらほらいらっしゃって、誕生日だと言うとお隣からシャンパンが1本、そのお隣からまた1本、気持ちのいいくらいボトルが空いていくのはそれはそれは嬉しい限りなんですが、みなさんお酒が入って心地よくなってくると多少の暴言、(あ、間違えた…)ちょっぴり厳しいお言葉も混ざってくるわけです。その日いただいた言葉でひっかかっているのは「40にしては状態いいよね」というひとこと。もちろん「40歳には見えないね」といういい意味であることは重々承知しているんですが、なんかひっかかるんですよね“にしては”と“状態”が。年齢を絡めて褒めるって難しいんだなぁと、身をもって学んだわけです。

で、そんなふうに卑屈になってしまうのは愛が足りてないからだ! そうだ、愛だ、愛だーっ! というわけで、思いっきり題名に“愛=ラブ”が入った園子温監督の最新作『ラブ&ピース』で、空っぽ寸前の心(のLOVEエリア)を満たしました。

映画は、鈴木良一(長谷川博己)といううだつのあがらない地味ぃな男が、ある日突然いろんな夢が叶うようになるというお話。その根底にあるのは“愛”で、好きな人に「好き」というための道のりなんですね。その途中のあんな出来事こんな出来事はいったい何だったんだ!? と突っ込みたくなりますが、ばかばかしさにスカッとして、愛の告白にほろりとさせられて、彼をずーっと見守る存在にジーン。気づけば、そうだよね「愛だよね、愛っ!」って昭和チックな古くさいセリフがぐるぐるまわっておりました。さらに何がいいって、ぜんぜんイケてないときもロックバンドで成功してモテモテのときも、変わらず鈴木良一を想っている寺島裕子(麻生久美子)の女っぷりです。見た目は、もう少し頑張ろうね裕子ちゃんって言いたいけれど、彼女の愛の貫き方はとっても素敵なんです。

ただ、注意事項をひとつ。愛についての映画ではあるんですが、そのほとんどがびっくりな出来事ばかりなので、あり得ない世界を楽しむ覚悟で臨んでください。それにしても、あんなにハチャメチャやっておきながら最終的にはラブストーリーに落とし込んでしまうって…やっぱり園監督ってすごい! というわけで、私の願いも叶いますように、どうか叶いますように…と力強く、力強く、力強く(念押しが大事!)願いながら梅雨明けを待とうと思います。今宵はここまで、また次回。
《Elie Furuyama》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top