【特別映像】『アリスのままで』ジュリアン・ムーア、“記憶テスト”を実際に受けていた!?

映画

『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
  • 『アリスのままで』-(C) 2014BSM Studio. All Rights Reserved.
ジュリアン・ムーアが本年度アカデミー賞「主演女優賞」を受賞した、ヒューマンドラマ『アリスのままで』。このほど、ジュリアン演じるアリスが若年性アルツハイマーと診断される、緊張の本編シーンがシネマカフェにて解禁。実際にジュリアンが、“記憶テスト”なるものを受けていたことを明かす映像も到着した。

ニューヨークのコロンビア大学で教鞭をとる言語学教授のアリス(ジュリアン・ムーア)は、50歳の誕生日を迎え、まさに人生の充実期を迎えていた。唯一の心配は、女優を目指してロサンゼルスにいる次女のリディア(クリステン・スチュワート)のこと。だが、そんなアリスは、頻繁に物忘れを起こすようになり、ジョギング中に自宅への帰り道が分からなくなり、やがて若年性アルツハイマー病と診断される…。

これまで、「主演」「助演」併せてアカデミー賞に4度ノミネートされていたジュリアンが、圧倒的な演技で念願のオスカーを獲得した本作。

早くも、彼女の熱演に涙したり、「もし自分だったら…、自分の家族だったら…」と思いを巡らせる観賞者が続出している中、彼女が演じたアリスが自分の記憶の異変に気づき、1人で病院を訪れる本編映像が到着。さまざまな検査をした結果、「若年性のアルツハイマー」の疑いを医師から伝えられる、というシーンだ。



その後のインタビュー動画では、診断の根拠となる記憶に関するテストを、自身も「実際に受けた」と語るジュリアン。この物語に惹かれた理由を「自分とは何者なのかを解いてる。記憶をなくしたら、その人に何が残るのかを描いているのが興味深いわ」と語り、本作のテーマに迫っている。

『アリスのままで』は新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top