【予告編】ミラ・ジョヴォヴィッチ、たった1人で100万人を救う!? 『サバイバー』

映画

『サバイバー』日本版ポスタービジュアル ー(c) 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『サバイバー』日本版ポスタービジュアル ー(c) 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『サバイバー』 ー(c) 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『サバイバー』UK版ポスター ー(c) 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『バイオハザード』シリーズのアリス役で知られるミラ・ジョヴォヴィッチが主演し、『007』の5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンが悪役を演じるノンストップ・アクション『サバイバー』。映画ファンにとって夢の対決が実現した本作から、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

ロンドン、ニューヨークを巻き込んだ史上最悪のテロ計画に気づいた、アメリカ大使館の外交官ケイト。彼女は伝説のテロリスト“時計屋”から狙われ、ロンドン市街の爆破テロのターゲットにされる。すんでのところで生き延びたケイトだったが、今度はその爆破テロの犯人の汚名を着せられ、国家・警察からも追われることに。迫りくる追っ手をかいくぐり、次なるアメリカ最大の危機にたった1人で立ち向かうケイト。大晦日、NYタイムズスクエア。100万人の命を救うための攻防戦が始まる――。

『バイオハザード』のアリスVS『007』のジェームズ・ボンドという、かつてない対決が実現した本作。ハリウッドNO.1アクション女優の名を確固たるものにしているミラが挑むのは国務省のエリート外交官ケイト。また、英国紳士のイメージが強いブロスナンが最強・最悪のテロリスト“時計屋”として、日本の銀幕で初披露となる悪役を怪演しているのも見どころだ。

街中での大爆発からいきなり幕を開ける予告編では、ミラ演じる外交官ケイトになんとテロ首謀の容疑が。また、何者かに「女は生きてる」と告げるブロスナン演じるテロリスト“時計屋”の姿も登場。テロのターゲットとなったロンドン、そしてニューヨークのタイムズスクエアが美しく映る中、突然のビルの大爆発あり、カーチェイスあり、肉弾戦ありと、まさに本作のノンストップ・アクションが炸裂! 特にブロスナンがロープに捕まり、落下しながらミラに向けて発砲するなど、今年62歳という年齢を感じさせない“渋メン”のガン・アクションには注目。



さらに、併せて解禁されたポスターからは、燃えさかるニューヨークとロンドンをバックに、これまでに見せたことのないダークな表情で銃を構えるブロスナンと、たった1人で100万人を救う強い決意を感じさせるミラの凛々しい表情が伺え、本作への期待感をますます高めている。

『サバイバー』は10月17日(土)新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top