「遊☆戯☆王」原作・高橋和希登場に海外ファン歓喜! 新ポスターもお披露目

映画

「コミコン2015」でパネルディスカッションを行った劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』
  • 「コミコン2015」でパネルディスカッションを行った劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』
  • 劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』-(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会
1996年より「週刊少年ジャンプ」にて連載、その後テレビ東京系列にてアニメが放送され、日本のみならず世界中で人気を博してきた高橋和希原作の「遊☆戯☆王」。2016年ゴールデンウィークには劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の公開が控えている中、7月9日~12日(現地時間)にアメリカのサンディエゴで開催されたコミコンにて本作のパネルディスカッションが行われ、映画のプロデューサー陣と共に原作者の高橋氏が登壇した。

劇場版は過去に2004年全米約2,400館で公開され、日本の劇場用アニメ映画の歴代興行成績3位に輝いた『Yu-Gi-Oh! THE MOVIE』、2010年に公開された、世界初の長編手書きアニメの3D作品『劇場版 遊☆戯☆王 超融合!時空を超えた絆』が公開され、いずれも高い評価を獲得。今回公開される新作は、シリーズの中でも特に人気の高いファーストシリーズのアフターエピソードを描いた完全オリジナルストーリーで、TVシリーズでも描かれなかった、誰も見たことのない武藤遊戯と海馬瀬人の壮絶な決闘が繰り広げられることが予想されている。

この日、コミコンのパネル会場にはコスプレをしたファンを含めおよそ500人が詰めかけ、公の場での登壇は初となる高橋先生は「アメリカでもこんなに沢山の人に愛されていて支えられていて、コミコンに来られて嬉しい」と感激した様子。

ここでは、原作者である高橋氏自らが脚本やキャラクターデザインを手がけ、さらに製作総指揮を執ることが明らかになり、自身初となる、映画のために描き下ろしたポスタービジュアルがお披露目された。

新ビジュアルは、海馬瀬人が中央に、周囲には武藤遊戯とともに、これまで登場していなかった謎の人物が描かれている。この人物については「まだ内緒です」とのコメント。

映画について高橋氏は「原作のアフターエピソードとして、これまで描かれてこなかった謎の部分を描いています。そして、海馬もかなり活躍するストーリーです。遊戯と海馬が帰ってくるので期待していてください!」と語ると、ファンからは歓喜の声があがった。

また高橋氏には、コミコンが1974年に設立した、漫画・アニメ・SFなどのポップカルチャーにおいて、世界に大きな貢献をした人物でコミコンゲストとして特に際立った業績を残した人物に贈られる「インクポット賞」が授与され、会場はスタンディングオベーション! 会見は大盛況のうちに幕を閉じた。

劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は2016年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top