スピルバーグ、『ジュラシック・ワールド』日本でのヒットを祈願! 世界歴代トップ5入り

最新ニュース

ニック・ロビンソン、ブライス・ダラス・ハワード、コリン・トレボロウ監督、タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • ニック・ロビンソン、ブライス・ダラス・ハワード、コリン・トレボロウ監督、タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • ブライス・ダラス・ハワード/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • ニック・ロビンソン、ブライス・ダラス・ハワード、コリン・トレボロウ監督、タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • ブライス・ダラス・ハワード/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • ニック・ロビンソン/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • ブライス・ダラス・ハワード/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
  • コリン・トレボロウ監督/『ジュラシック・ワールド』ジャパンプレミア
スティーブン・スピルバーグが7月15日(水)、都内で行われた『ジュラシック・ワールド』のジャパンプレミアに、ビデオメッセージで「ついに日本でも“オープン”するので、大ヒットすることを願っています」と日本でのヒットを祈願した。

歴代オープニング全世界興行収入記録の第1位を樹立する歴史的ヒットスタートを切り、公開13日目にして10億ドルを超える一大旋風を巻き起こす本作。現在は14億7,006万ドルを記録し、全世界興収の歴代トップ5入りを果たしており、日本公開を機にさらなる躍進が期待されている。

シリーズ第1弾『ジュラシック・パーク』が描いた悲劇から20数年を経て、いまや1日に2万人の観光客が訪れるまでになった「ジュラシック・ワールド」。だが、遺伝子操作によって誕生した新種の肉食恐竜の脱走をきっかけに、再びパニックに陥る。ジャパンプレミアにはコリン・トレボロウ監督をはじめ、出演するブライス・ダラス・ハワード、ニック・ロビンソン、タイ・シンプキンスが出席した。

スピルバーグから直々にオファーを受け、メガホンをとったトレボロウ監督は「こうして、大きな成功を収めることができて、とても誇りに思っているよ。スピルバーグが生み出した人気シリーズの“再発進”を果たすことができた。2世代でコラボしたような作品なんだ」と感無量の面持ち。

そして「この作品はぜひ映画館で楽しんでほしい。なぜ映画館に行くべきなのか、思い出させてくれる作品だからね。映画はみんな一緒に笑ったり、叫んだりして感動を共有できるエンターテインメントなんだ」と力説。この日が本作プロモーションの世界ツアー最終日とあって、キャスト陣もしみじみと日本公開の喜びをかみしめていた。

【ジャパンプレミアに届いたメッセージ】
<クリス・プラット/主演>
こんにちは、日本のファンの皆さん。日本に行けなくて残念だけど、みんなも『ジュラシック・ワールド』を楽しんでくれるとうれしいな。スクリーンでお会いしましょう。

<スティーブン・スピルバーグ/製作総指揮>
みなさん、こんにちは。プレミアに参加できず申し訳ありません。日本に行きたかったのですが、現在2本の映画を制作しており、LAで多忙な日々を送っています。『ジュラシック・ワールド』が世界中で映画史上最高のオープニング興行収入を達成したことを誇らしく思います。総興行収入も10億ドルを突破しました。世界中が期待しているテーマパークがオープンし、8月5日にはついに日本で公開されます。日本でも大ヒットすることを願っています。才能あふれるコリン・トレボロウが見事に監督を務めており、シリーズ最新作が完成しました。ぜひ映画をお楽しみください。どうも、ありがとう。

『ジュラシック・ワールド』は8月5日(水)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top