松坂桃李、覚悟の丸坊主! 初めての戦争映画で熱演…『日本のいちばん長い日』

映画

松坂桃李(畑中健二少佐)/『日本のいちばん長い日』(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 松坂桃李(畑中健二少佐)/『日本のいちばん長い日』(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 (C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • (C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 -(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 (C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 (C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 (C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
  • 『日本のいちばん長い日』 (C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
戦後70年。先日、昭和天皇による当時の原盤も公開された、1945年8月15日正午の玉音放送が流れるまでの“長い1日”を描く映画『日本のいちばん長い日』。本作で、坊主頭を披露し、自身初の戦争映画出演を果たした松坂桃李を始めとする、日本の未来を思うゆえに動いた熱き将校たちに迫った。

太平洋戦争末期、戦況が絶望的となった1945年4月、鈴木貫太郎(山崎努)内閣が発足。7月、連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求する。降伏か、本土決戦かを決める閣議が連日連夜、開かれるが、議論は紛糾するばかり。そうするうちに、広島、長崎には原爆が投下される…。

“一億玉砕論”が渦巻く中、阿南惟幾陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる昭和天皇(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木首相、首相を献身的に支え続ける迫水久常書記官(堤真一)は決断に苦悩する。だが一方、畑中健二少佐(松坂桃李)ら若手将校たちは、日本の降伏を国民に伝える玉音放送を中止すべく、クーデターを計画、皇居やラジオ局への占拠へと動き始める…。

日本の未来を信じ、今日の平和の礎を築くため、身を挺し闘った人々の物語を、日本映画界を代表する豪華キャストの競演で描く本作。

本作で、松坂さんが覚悟の坊主頭となり、演じているのが畑中少佐。敗戦を決するポツダム宣言の受諾、そして国民への敗戦を告げる昭和天皇による玉音放送をやめさせるべく、徹底抗戦、本土決戦を主張し、クーデターを決起する将校たちの中心的人物だ。

今年、『ピース オブ ケイク』『図書館戦争 -THE LAST MISSION-』『劇場版 MOZU』と、話題作の公開作が控えている松坂さんは、本作ではベテランの役所さん演じる阿南陸軍大臣、本木さん演じる昭和天皇を“静”とするならば、自身が演じた畑中ら将校たちを、“動”と表現。また、その畑中らとともに行動する、陸軍士官学校附属の藤井政美役には、つかこうへい作・錦織一清演出の舞台「広島に原爆を落とす日」で主演を務めた戸塚祥太(A.B.C-Z)も登場する。

1967年公開、岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』では、松坂さんが演じた畑中少佐は狂気に駆られる人物として描いていたが、本作でメガホンをとった原田眞人監督は「決起する将校たちの普段の生活を描きたかった」と言う。「畑中の普段の明るい人物像、だからこそ決起を図る畑中に、将校たちがついてくるところを描こうとした」と語り、本作では、純粋であるがゆえに決死の行動を起こす、畑中の人間らしさにもスポットが当たっている。

さらに、原田監督は、「松坂桃李演じる畑中、井田中佐(大場泰正)を含めて全員すごく新鮮なところがあるかと思いますが、僕自身彼らにすごく感謝しているし、ひとりひとりが何をやって、どう考えているかを頑張って演じてくれました」とも語り、熱き将校たちを演じた役者陣を讃えている。

そんな松坂さんを始めとする若き将校たちの思いにも、ぜひ注目してみて。

『日本のいちばん長い日』は8月8日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top