「リサとガスパール展」が開催! 原画約150点ほか限定グッズ&スイーツも

最新ニュース

記念撮影コーナー/松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • 記念撮影コーナー/松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • 松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • エントランス/松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • 松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • 松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • 松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • 松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
  • 「赤い手帳」/松屋銀座「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」
8月5日(水)より、松屋銀座にて開催される「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」が開幕。一足先に行われたプレス向け内覧会にシネマカフェが潜入! 約150に及ぶ原画の数々と、「リサとガスパールカフェ」の限定メニューを堪能した。

“うさぎでもない、いぬでもない”女の子のリサと男の子のガスパールを主人公に描く絵本「リサとガスパール」シリーズ。夫婦であるゲオルグ・ハレンスレーベンとアン・グットマンが、それぞれ絵と文を担当し誕生した本シリーズは、1999年フランスにて発表され、翌年には日本語版が刊行。数多くの絵本が出版されている人気シリーズだ。

日本語版刊行15周年を記念して開催される今回の展示では、未発表の作品を含む約150点もの原画を展示。物語のあらすじと、それに対応する原画が展示され、まるで絵本を読むように展示を鑑賞することができる。

原画が飾られる色とりどりの壁面の所々にはリサとガスパールが登場。キャプションと原画はそれぞれ美しく配置され、子どもはもちろん大人も楽しめる展示になっている。

そのほか、リサとガスパール誕生のきっかけとなったという、ゲオルグ氏がイラスト付きでアナさんに贈った「赤い手帳」の展示や、二人の創作についてのインタビュー映像の上映、「ペネロペ」といったほかの絵本作品、さらには新作「ガスパール こいをする」の展示など、見どころ満載。東京駅を背景画に、リサとガスパールとの記念撮影コーナーや、発売中の絵本配置され、子ども連れの鑑賞にもおすすめだ。

また、開催期間中は「リサとガスパールカフェ in GINZA」がオープン。「リサとガスパール」にちなんだ限定メニューの食事やスイーツを堪能することができる。グッズ販売コーナーには、展示会限定商品をはじめ300ものアイテムが並ぶ。

絵本として装丁されるまでの絵が鑑賞できる本原画展は、絵本とはまた違う「リサとガスパール」の魅力が発見できるはず。絵本好きはもちろん、アートや美術好きもぜひチェックしてみて。(開催中、会場内や作品の撮影不可)

「日本語版刊行15周年 リサとガスパール展」は、8月5日(水)~8月24日(月)、松屋銀座にて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top