竹野内豊、松雪泰子との初共演に不満!?「2人きりのシーンが少なかった」

最新ニュース

蝶野博監督、黒島結菜、竹野内豊、池田優斗、松雪泰子、坂口健太郎、板尾創路、村本大輔/『at Home』プレミア試写会
  • 蝶野博監督、黒島結菜、竹野内豊、池田優斗、松雪泰子、坂口健太郎、板尾創路、村本大輔/『at Home』プレミア試写会
  • 『at Home』-(C)映画『at Home』製作委員会
  • 『at Home』 - (C) 映画『at Home』製作委員会
  • 『at Home』-(C)映画『at Home』製作委員会
  • 『at Home』-(C)映画『at Home』製作委員会
  • 『at Home』-(C)映画『at Home』製作委員会
  • 『at Home』-(C)映画『at Home』製作委員会
「真夜中の5分前」や「ストレイヤーズ・クロニクル」と映画化が相次ぐ人気作家、本多孝好の傑作小説を竹野内豊を主演に迎えて映画化した『at Home』。8月10日(月)、都内にて本作のプレミア試写会が行われ、竹野内さんをはじめ松雪泰子、坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗、板尾創路、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、蝶野博監督が登壇した。

どこにでもある平凡で幸せな家族。けれども、実は家族全員で、犯罪で生計をたてている一家。父さんは空き巣泥棒、母さんは結婚詐欺師、長男は偽造職人…。ある夜、家族の元に一本の電話が。結婚詐欺がバレ、相手に母が拉致され身代金まで要求されてしまう――。

竹野内さんは「静かな作品だけど生きるうえで大切なことが詰まっている希望のある作品」と本作をアピール。松雪さんとは意外にも初共演となるが、「本人を目の前に恥ずかしい…」と照れつつも、「いつかご一緒したいと思っていた方。穏やかで、いてくださるだけで安心感のある方でした。夫婦役でしたが、2人きりのシーンが少なかったのが残念」と初共演の感想を語った。松雪さんも「瞬間瞬間の感性を爆発させる演技に毎回ハッとさせられた。毎回、新鮮で楽しかった」と竹野内さんを称えていた。

本作で映画デビューを果たした「ウーマンラッシュアワー」の村本さんは「家族5人との撮影シーンで、サプライズで池田君の誕生日を祝っているのが微笑ましかったです。竹野内さんと松雪さんが『お父さんとお母さんからだよ』とプレゼントも渡していて。僕は知らなかったので、それを端から見ていました」と寂しそうにコメント。本作で村本さんは一家をピンチに陥れる悪役を演じているが、役作りについて「ミステリアスで猟奇的な役。よく自分がストーカー被害に遭っている最中にこんな役ができたなと! 役作りもストーカーを見て、自分の役に取り入れました」と自虐的に語ると、先輩・板尾さんの「演技が初めてとは思わなかった。でも挙動不審な感じは出ていた。だからストーカーにはこの場を借りて、お礼が言いたい」という発言で、会場には笑いが沸き起こった。

さらに、村本さんはこの舞台挨拶のためにとっておきのエピソードを披露。撮影後に松雪さんを食事に誘おうとしたものの、「撮影後にビールを飲んでいるところで、勇気を出して誘ったら『無理無理!』と一蹴された」と残念な結果を明かし、場内は再びは笑いに包まれていた。

『at Home』は8月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top