桐谷健太&清野菜名、クドカン流“鬼”に変身! “死神”尾野真千子の姿も

映画

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』第一弾ビジュアル (C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
  • 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』第一弾ビジュアル (C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
  • 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』第一弾ビジュアル (C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
  • 宮藤官九郎×長瀬智也×神木隆之介 /『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 (C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
  • 神木隆之介&森川葵/『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』クランクアップ会見
  • 宮藤官九郎監督&清野菜名/『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』クランクアップ会見
クドカンこと宮藤官九郎の待望の監督最新作となる『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』。このほど、先日解禁となり、話題沸騰となった長瀬智也の赤鬼ビジュアルに続いて、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘寛治、皆川猿時、古田新太といった豪華キャストのキャラクタービジュアルが一斉解禁。中でも、桐谷さんと清野さんが、長瀬さん率いる地獄のロックバンドのメンバーとして、“二度見”必至の超絶変身を遂げていることが分かった。

日本のエンタテインメント界を牽引する宮藤さんの完全オリジナル作品で、監督最新作の舞台に選んだのは、地獄。地獄専属ロックバンド地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギターで、地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーKを演じるのは、7年ぶりの映画主演となる「TOKIO」の長瀬さん。また、バス事故により17歳という若さで地獄に落ち、大好きなクラスメイトへ会いたい一心でキラーK と生き返りを目指す、ちょっぴりウザキャラ(?)の高校生・大助を演じるのは神木隆之介。

さらに、現世に生きるキラーKの元カノで、そのルックスから「死神」とのあだ名がついたなおみを尾野さん、大助が恋する同級生で、同じ事故車両に乗っていたひろ美を森川さん、地獄図(ヘルズ)にのちに加入する松浦には古舘さんと個性豊かなキャラが集結。

到着したビジュアルからは、この3人はどうやら“人間”らしいことが確認できるが、古田さん演じるえんま(閻魔大王)や、皆川さん演じる地獄のガールズバンド(!?)のメインボーカル&ダンサー・じゅんこといった、宮藤組常連キャストのビジュアルは“笑撃的”。さらに、宮藤組初参加となる桐谷さん、清野さんも、一見本人とは判別できないほどの超絶ビジュアルを初披露。地獄図(ヘルズ)のドラム担当の緑鬼、COZY(コージー)と、地獄図(ヘルズ)の紅一点でベース担当の邪子(じゃこ)をそれぞれ演じる2人は、長瀬さんと同様、90分がかりの特殊メイクを施した強烈な“鬼”姿で、二度見すること必至だ。

「死ぬのが怖くなくなる映画が作りたかった」という宮藤監督の言葉通り、まさに世界初の【爆笑地獄】コメディにふさわしい唯一無二の世界観が作り上げられている。

<以下、キャストコメント>
■尾野真千子/なおみ:キラーKの元カノ。あだ名は「死神」。
あー楽しかった。って溜息が出てしまうほど楽しい撮影でした。私の撮影日数は5日ほどでしたが、死神という役を存分にやらせていただいた気がします。

■森川葵/ひろ美:大助が恋する同級生。大助と同じバスに乗っていたが生死不明。
私は現世に生きる役柄だったので皆さんより先にアップしたんですが、とても楽しい現場だったので早く終わってしまうのが残念でした。いち視聴者として、地獄の世界がどうなっているか、完成が楽しみです。

■桐谷健太/COZY(コージー) :地獄図(ヘルズ)のドラマー。気のいい緑鬼。
宮藤さんの監督作品は初めてなので楽しみにしていました。台本を読んではちゃめちゃだと思いましたが、何も考えずに飛び込ませてもらいました。COZY は地獄の鬼なので、「こうでなければ」という枠組みがなく、そのぶん説得力が必要だと思ってやりました。今回の現場で、自分の新しい引き出しがたくさんあいたと思います。現場での僕やスタッフのひらめきを監督がどんどん受け止めてくれて、スタッフが笑ってくれて、この面白さは二度とないと思えるほどの現場でした。

長瀬さんとの共演は10年ぶりですが、その間もお付き合いがあり、気の置けない珍しい関係です。一緒に一生懸命ふざけて、エンタテインメントを追求できたと思います。出来上がりは全く想像がつきませんが、笑いあり、音楽あり、グッとくるシーンもあり、きっと見たこともない世界に誘ってくれる作品だと思うので、ぜひ楽しみにしてください。

■清野菜名/邪子(じゃこ):地獄図(ヘルズ)のベーシスト。大助に一目惚れ!?
人生初のベースを体験させていただきました、最初は全く音が出なくて絶望からのスタートだったのですが、とにかく現場が楽しくて、こんなに公開が待ち遠しい映画は初めてです! みなさんと一緒にバンド練習してモチベーションが上がって、初日には地獄のセットを見てまたさらにテンションが上がって、毎日充実した日々を過ごせました。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は2016年2月6日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top