【インタビュー】竹野内豊、たゆまぬ探究心「常に新たな自分を発見したい」

最新ニュース

『at Homeアットホーム』竹野内豊/photo:Ryo Uchida
  • 『at Homeアットホーム』竹野内豊/photo:Ryo Uchida
  • 『at Homeアットホーム』竹野内豊/photo:Ryo Uchida
  • 『at Homeアットホーム』竹野内豊/photo:Ryo Uchida
  • 『at Home』-(C)映画『at Home』製作委員会
  • 『at Homeアットホーム』竹野内豊/photo:Ryo Uchida
  • 『at Homeアットホーム』竹野内豊/photo:Ryo Uchida
  • 『at Home』-(C)映画『at Home』製作委員会
  • 『at Homeアットホーム』竹野内豊/photo:Ryo Uchida
俳優の竹野内豊が主演最新作『at Homeアットホーム』で、偶然に引き寄せられた血縁のない“偽装家族”を泥棒稼業で支える父親という難役に挑んだ。「難しいからこそチャレンジし甲斐があるし、常に新たな自分を発見したい」。たゆまぬ探究心こそ、俳優としての信条だ。

タイトルが示す通り、本作はある家族の姿を描いている。毎朝、空き巣に出かける主人公・和彦を、「今日も頑張って」と鼓舞する妻・皐月は結婚詐欺師。3人の子どもたちは両親の仕事を理解し、ときには食卓を囲む家族全員が「危険だから、現金以外盗まないで」「今度の相手はどうだますか?」と助言や知恵を出し合うことも…。そんな仲睦まじい(!?)5人家族だが、実際には血縁がない。それぞれに暗い過去を抱え、“ここ”にたどり着いたのだ。

「いま、家族同士が傷つけあうなんて非現実的なニュースもたくさんありますよね。だからこそ、家族のあり方を考え直す意味でも、非常にいまの時代に合った作品だと思います。要は『家族とは何か?』という話で、僕らも映画を作りながら、話し合ったり、考えたりしたんですが…、きっと答えは出ないし、(映画を通して)出しちゃいけないなと。それこそが答えなんじゃないかと感じています」と本作が問いかけるテーマを語る竹野内さん。

ある事件をきっかけに家族は崩壊の危機にさらされ、竹野内さん演じる和彦は父親として、家族を守る“ある決断”を迫られることに…。同時に5人の過去も描かれ、穏やかなホームドラマは一転、緊迫したサスペンスの様相を呈する。「唯一の救いは、結末に希望があること。よく『見どころは?』と聞かれますが、あえて言えば、家族の未来ですね。それをお客様には見せませんが(笑)、心に残る余韻として5人の行く末を想像してもらえれば」。

シリアスな印象が強い竹野内さんだが、近年は『謝罪の王様』『ニシノユキヒコの恋と冒険』、またテレビドラマでタクシー運転手を演じるなど軽妙な一面も披露し、新たな魅力を放っている。「自分のせいでもあるんですけど(笑)、正直イメージがひとり歩きしているなと思うことはありますよ。例えばコミカルな役を演じれば、『すごく新鮮』って声を聞くし…。でも、そのあたりの線引きは、周りが言うほど意識はしていなくて」と照れ笑いを浮かべる。

一方でこんな“本音”も明かす。「いただいたオファーは極力お受けしたいんですが、『形を変えただけで、やることは同じ』というのはね…。自分で言うのもヘンですけど、例えばいい人? だったり(笑)、エリート役が続けば、そこから脱出したい気持ちは芽生えますよ。挑戦したいこと? アクションや悪役に興味はありますね…かと言って、俳優側が『やりたいです!』ってアピールするのは違うと思うし。あくまで求められれば、です」

アクション映画で躍動する竹野内さんに、悪役に徹する竹野内さん…どちらもファンならいつか見てみたいはず。もちろん、最新作『at Homeアットホーム』で演じる「一家の大黒柱にして泥棒」という新境地は必見だ。本作を皮切りに、アニメ声優に初挑戦した『リトルプリンス 星の王子さまと私』、江口洋介ら豪華キャストとの共演が実現した主演作『人生の約束』など公開作が目白押し。俳優・竹野内豊の探究心は、止まることを知らない。
《photo / text:Ryo Uchida》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top