石原さとみ、“最も美しく生きている女性”に!「幸せを感じられる人になりたい」

最新ニュース

石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
  • 石原さとみ/ジュエリー業界が選ぶ第「3回ウーマンオブザイヤー」授賞式
女優の石原さとみが「ジュエリー業界が選ぶ『第3回ウーマンオブザイヤー』」を受賞。27日、東京ビッグサイトで行われた授賞式に出席した。

UBM社と一般社団法人日本ジュエリー協会は、今年「最も美しく生きている女性」をコンセプトに、文化・芸能・スポーツ界の中から石原さんを第3回受賞者として選出。第1回は米倉涼子、第2回は永作博美が受賞している。

石原さんは87面体でカットされた「さくらダイヤモンド」を使用した2億円のネックレスや、豪華なリングやイアリングを身につけて登場。「こんなにも値段も見た目もゴージャスなジュエリーを身に付けたことがないので、圧倒されました。このジュエリーが似合うような女性になりたいと思いました」と謙遜しながらも、ジュエリーに負けないほどの、眩いばかりの笑顔で観客を魅了した。

授賞式後に行われたトークショーでは、日々心がけていることについて、「夢を叶えるために体のメンテナンスをしたり、情報集めも大切だと思いますが、私は、普段からひとつひとつのことに感謝することを大切にしています。幸せは、心の充実だと思っています。しっかりと幸せを感じられる人になりたい。真心を真心で返せる人でいたい」と、真剣な眼差しで話した。

特別なジュエリーをプレゼントされたい理想のシチュエーションを尋ねられると、「相手が恋に恋している感じの強い1対1でのサプライズはあまり喜べないので、確実に私が喜べる状況で、言葉で、心のスタンバイもできている状況で、すごくすごく美味しいご飯を食べながら自然な流れでして欲しい」と話し、「現実的なことを言っちゃった」と笑顔を見せた。

最後に石原さんは、「ウガンダに行った際に、『石原さとみ』という女優を知らない子と友だちになれて、その子を励ませたんです。その後に、長崎に行ったとき、私のことを知っているお爺ちゃんお婆ちゃんたちが『石原さとみだ』って泣いて喜んでくださったんです。そのとき、私の名前を知ってくれていたら、人の心を明るくさせることって、こんなにも早いんだって思ったんです。なので、日本以外の方たちの心を早く明るくさせられるようになるためにも、もっと外の人たちにも名前をアピールすることが大切だなと思いました。励ませる人になりたいです」と、いち女性としての今後の目標について、エピソードを交えながら語った。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top