「TKO」木本、ライザップ後も体脂肪率9%維持 木村文乃の夫役も今なら違う役?

最新ニュース

木本武弘、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、山口まゆ、佐野勇斗、三木孝浩監督/『くちびるに歌を』イベント
  • 木本武弘、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、山口まゆ、佐野勇斗、三木孝浩監督/『くちびるに歌を』イベント
  • 木本武弘/『くちびるに歌を』イベント
  • 『くちびるに歌を』イベント
  • 『くちびるに歌を』イベント
  • 『くちびるに歌を』イベント
  • 『くちびるに歌を』イベント
  • 『くちびるに歌を』イベント
  • 『くちびるに歌を』イベント
新垣結衣主演の『くちびるに歌を』の三木孝浩監督、劇中の中学の合唱部員を演じた恒松祐里、下田翔大、葵わかな、山口まゆ、佐野勇斗が“同窓会”と銘打って、9月2日(水)にブルーレイ&DVD発売を記念して開催されたイベントに出席。これが最後となる合唱を披露した。

長崎県五島列島の中学校を舞台に、15歳の合唱部員たちと、かつてはピアニストとして嘱望されるもある理由で島に音楽教師として戻ってきた女性教師の交流、彼らがコンクールに向け成長していくさまを描き出す。

生徒たちは劇中の制服姿で登場! ちなみに、イベントの司会を「TKO」の木本武弘が務めたが、木本さんは木村文乃が演じた合唱部の顧問で産休中のハルコを献身的に支える夫役で4カットだけ出演している。

映画の中で美しいボーイソプラノの歌声を響かせている下田さんは、昨夏の撮影時から10センチ以上も背が伸び、三木監督と同じくらいの高さまで成長! 木本さんから「天使の歌声」と紹介されたが「声変わりして“天使の歌声”とやらが出なくなってしまったので、今日は男声パートで歌います」と語った。

合唱部の中心的存在のナズナを演じた恒松さんは、オーディション後に半年に渡って行われ、クランクイン後も毎日のように続けられた合唱練習を述懐。「最初に歌った時はひどくて、これはダメだなと思いました(苦笑)。半年しかないのに(部活を)3年やってきた役だったので…」と苦労を明かした。

そんなナズナの幼なじみのケイスケを演じた佐野さんは、恒松さんと2人で自転車を押して学校から帰るシーンについて「キュンキュンしながら演じてました! シチュエーションに『ヤバいな』と思いながら(笑)」と振り返る。さらに新垣さんについても「ホンットにかわいい! かわいいとしか言えない。この世の方とは思えない」と熱く語り、会場は笑いに包まれた。

木本さんは島には1日だけの滞在で、生徒たちとは顔を合わさず、しかも台風の中でやっと島に着いたそうで「真っ暗な五島しか知らないです。監督に『どんな感じでやったらいいですか?』と聞いたら『台風の中、着いただけでOKです』と言われた」と苦笑。ちなみにライザップに通い、撮影時とは体型が全く違うという木本さん。三木監督も「いま、オファーするなら違う役ですね」と驚いていたが「体型、維持してます! 体脂肪率9%です」とアピールし「まだ腹筋割れてます!」と生徒たちを前に、頼まれてもいないのにノリノリで腹筋を見せていた。

新垣さんはこの日のイベントには来られなかったが、ビデオメッセージが届けられ、最後の“課題”として、主題歌「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」のラスト合唱を指示。生徒たちは壇上で、映画撮影時とはまた違った歌声を響かせ、会場は感動に包まれた。さらに、先日、誕生日を迎えたばかりの三木監督のために生徒たちはサプライズでカードを贈ると共にバースデーソングをプレゼント! これには監督も大感激だった。

『くちびるに歌を』ブルーレイ&DVDは発売中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top