綾野剛、『天空の蜂』巨大ヘリを奪う“謎の男”に…迫真の演技で新境地

映画

綾野剛/『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 綾野剛/『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 綾野剛/『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 綾野剛&本木雅弘/『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 『天空の蜂』場面写真 - (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 向井理/『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 『天空の蜂』 (C) 2015「天空の蜂」製作委員会
『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』『ピース オブ ケイク』と、いま立て続けに話題作に出演する綾野剛。東野圭吾によるベストセラーを堤幸彦監督が映画化した、9月12日(土)公開の『天空の蜂』では、超巨大ヘリ・ビッグBを奪うハイジャック犯を演じている。恋愛映画からシリアスなものまで様々な作品に出演し、好青年から個性的な役柄まで幅広いキャラクターを演じる綾野さんは、本作でも迫真の演技を見せ、絶賛の声を受けていることが分かった。

超巨大ヘリ・ビッグBが設計士・湯原(江口洋介)の息子を乗せたまま、遠隔操縦によりハイジャックされた。驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。湯原と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子どもの救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走する。タイムリミットは8時間。大切なものを守り抜くため、命を懸けたカウントダウンが始まる――。

原作者の東野さんも“映像に圧倒された”と語るほど、そのとてつもないスケール、大迫力のアクションシーン、そしてノンストップで押しよせる興奮と衝撃が話題となっている本作。中でも、一足先に鑑賞した人々からは「何事も無関心でいては、いけないと改めて感じます」、「多くの人が見て感じることが、何より大切なのではと感じました」、「自身の生死よりも、大切なものが守るべきものがあると考えさせる作品でした」など、エンターテイメント作品としてだけでなく、作品に込められたメッセージへ共鳴する人々も多く見られている。

そんな本作で綾野さんが演じるのは、刻々とタイムリミットが迫る中、刑事たちの追跡で徐々に追い詰められていくビッグBを奪ったハイジャック犯、謎の男・雑賀。特に、攻防戦の末、警察と対峙する瞬間は、まさに迫真の演技と抜群のアクションを見せており、ファン必見となっている。

今回、堤監督熱望のオファーということで、仕事の合間を縫い、多忙ながらも本作に参戦した綾野さん。ヘリコプターをハイジャックした実行犯であり、元自衛隊員という役どころを緻密かつ大胆に演じ、初の堤作品ながら監督からも太鼓判を押されている。演技のみならず、アクションシーンもスタントコーディネーターと何度かやりとりしただけで的確にマスター、追跡を逃れるべくアパートの2階から飛び降りるシーンを含め、全てスタントなしで、印象的な殺陣を繰り広げている。

なぜ、彼はヘリをハイジャックしたのか。そして、なぜ、原発を狙うのか。ヒゲをたくわえながらも『ピース オブ ケイク』の“ヒゲ店”とは180度違う役柄で、謎多きハイジャック犯を演じる綾野さんにも、ぜひ注目していて。

『天空の蜂』は、9月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top