【特別映像】梶裕貴、『メイズ・ランナー』BD&DVD化でナレーションに!

最新ニュース

(C) 2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
  • (C) 2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
  • (C) 2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
  • (C) 2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved
全世界55か国でNo.1ヒットを記録し、日本でも大ヒットした『メイズ・ランナー』。続編『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』の公開を10月23日(土)に控え、本作のブルーレイ&DVDが10月2日(金)よりリリース決定。そのSPOTナレーションを、大ヒットアニメ「進撃の巨人」エレン役で知られる人気声優・梶裕貴が務めることが分かった。

原作は、米累計発行部数160万部を突破し、約1年間に渡りニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに入り続けた人気小説。絶えず変形する謎の巨大迷路に閉じ込められた若者たちの生き残りを賭けた脱出劇をスリリングに描き、キャストには本作でブレイクを果たし、いまや大作へのオファーが耐えないディラン・オブライエンや、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作のヒロインに抜擢されたカヤ・スコデラリオなど次世代のハリウッドを担うフレッシュな顔ぶれが揃った。

ファン待望の本作ブルーレイ&DVD化にあたり、SPOTナレーションを務めるのは声優の梶さん。アニメ「進撃の巨人」エレン役で一躍知名度を上げ、今秋は「ワンパンマン」(音速のソニック)「ノラガミ ARAGOTO」(雪音)「進撃!巨人中学校」(エレン・イェーガー)など話題作への出演や、『GAMBA ガンバと仲間たち』『虐殺器官』と映画作品の公開が目白押しの人気実力派声優だ。

実は、“巨大な壁と巨大な敵、生死を掛けた戦い”という物語やそのビジュアルから、ハリウッド版「進撃の巨人」ともいわれる本作。劇場公開時から、多くのファンから「似ている!」との声があがり話題となっていた両作品が、梶さんのナレーションを通して、日米、そしてアニメと実写のボーダーを越えたコラボレーションを実現させた。


作品にちなみ、走って競争するとしたら、いまなら一番誰に負けたくないですか? と問われた梶さんは「9歳年下の妹。30歳 VS 20歳。最近の運動不足が不安材料ですが、兄の誇りにかけて負けられません…!」と回答。また、本作のタイトルは「メイズ=迷路」だが「どの道を進むのか、常に選択をしながら生きているような気がします。選んだ先にしか答えはないと信じつつ、ご縁に感謝しながら、日々精進しています!」と迷いないコメントを寄せた。

最後に「幼い頃、誰もが親しんだであろう『迷路』が題材の作品で、大人子ども問わず楽しめる映画だと感じました。ご覧になる方はきっと、緊張と興奮で思わず手に汗握ってしまうはず。あっという間の2時間でした! アクションはもちろん、極限状態における人間同士の駆け引き…心理描写にも注目してご覧になってみてください」と本作をアピールした。

『メイズ・ランナー』ブルーレイ&DVDは10月2日(金)よりリリース、9月16日(水)より先行デジタル配信開始。

『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』は10月23日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にえ公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top