声優の梶裕貴、神田沙也加から気を使われて推しメンに!「お情けいただけて」

最新ニュース

梶裕貴、神田沙也加/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 梶裕貴、神田沙也加/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 神田沙也加/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 梶裕貴/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 梶裕貴、神田沙也加/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 神田沙也加/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 梶裕貴/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 神田沙也加/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
  • 梶裕貴/『GAMBA ガンバと仲間たち』完成披露舞台挨拶
声優の梶裕貴と女優の神田沙也加が8月30日(日)、都内で声優を務めた3DCGアニメーション映画『GAMBA ガンバと仲間たち』の完成披露舞台挨拶を行った。

1972年に刊行された児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を、総製作費20億円をかけて3DCGアニメーション化。町ネズミのガンバ(梶さん)が、島ネズミたちを苦しめる白イタチのノロイと対決する様を描く。ガンバのほか、マンプク、ヨイショ、ボーボ、ガクシャなど個性的なネズミが多数登場する。

ヒロインのネズミ・潮路の声を務めた神田さんは、女性として好みのネズミを聞かれると「原作を読んだ時は、ガクシャ。冷静沈着で頭がフル回転して諦めないカッコ良さがある」と言いつつも「でも映画ではガンバの“ガンバり”と、画面から飛び出しそうなアクションから出る躍動感がカッコよかった」と梶さんを意識してか、推しネズミをジョークまじりで訂正。当の梶さんは「お情けいただけて、ありがたい」と照れつつも甘い声で喜んだ。

7年前からガンバ役声優の候補に挙がっていたという梶さんは「歴史ある作品に候補として名前を挙げていただいただけで嬉しかった。その分プレッシャーもあるけれど、先輩方の胸を借りるつもりで務めさせていただきました」と大役抜擢に意気込み十分。神田さんは「私でいいの? と思うくらい、おこがましい気持ちがあった」と不安を明かすも「でも潮路というキャラクター・ビジュアルを見て、こんなに可愛い子を担当するんだ、という誇りを持つことが出来た」と胸を張った。

完成作品について梶さんが「感動しました。声と音楽がついたものを観ると、改めて素敵な作品である事がわかった」と思いを込めると、神田さんも「身が引き締まる思い。2D版3D版と何度も劇場に足を運びたい」と感動に震えながらPRしていた。

映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は、10月10日(土)より全国公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top