中条あやみ、野村周平ら競演『ライチ☆光クラブ』で“絶対的美少女”に!

映画

中条あやみ(カノン役)/『ライチ☆光クラブ』 - (C)2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
  • 中条あやみ(カノン役)/『ライチ☆光クラブ』 - (C)2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
  • 『ライチ☆光クラブ』 -(C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会
  • 『ライチ☆光クラブ』キャラクター配役  -(C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会
  • 『ライチ☆光クラブ』ティザービジュアル  -(C)2015『ライチ☆光クラブ』製作委員会
“月9”ドラマ「恋仲」での好演も記憶に新しい野村周平を始め、古川雄輝、間宮祥太朗ら最旬若手俳優たちの豪華競演が話題を呼んでいる『ライチ☆光クラブ』。このほど、この物語には欠かせない“絶対的美少女”カノン役を、ポカリスエットのCMでも注目された中条あやみが演じることが判明。併せて、野村さんら美少年たちと中条さんが登場する、最新映像となる特報第2弾が解禁となった。

物語の舞台となるのは、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地“光クラブ”。本作では、古屋兎丸の同名漫画をベースに、物語の前日譚として描いた「ぼくらの☆ひかりクラブ」(上下巻)で語られるエピソードも多く盛り込まれており、光クラブの成り立ちや、創設メンバーであり、リーダーのタミヤ(野村さん)の心理的な葛藤などが描かれている。

前回解禁された超特報ではの世界観を抽出していたが、今回解禁となった映像では、「ぼくらの☆ひかりクラブ」の世界観に沿った映像になっている。原作との大きな違いとして、光クラブのメンバーたちの武器が、原作では中学生らしい「ぱちんこ」だったが、映画版では、音の演出面を考慮して改造した「釘ガン」に変更されている。そして終盤には、不穏な機械音が鳴り響き…。

そんな本作で、大人になることを拒んだ9人の美しい少年たちの愛憎と裏切りの物語を動かすトリガーとして、紅一点のヒロイン“カノン”を演じているのが、中条さん。少年たちの女神として囚われる役どころだ。

大塚製薬ポカリスエットや今年4月からオンエア中の花王メリットピュアンのCMなどで、「あの美少女は誰?」と一躍注目を浴びた中条さんは、「ミスセブンティーン2011」のグランプリを受賞し、デビュー。現役Seventeenモデルのかたわら、2012年にTBSドラマ「黒の女教師」から女優としての活動をスタートさせ、『劇場版 零~ゼロ~』では映画初主演を務めた。

原作の古屋氏は、中条さんの“カノン”に、「『なんて綺麗な子なの…』という雷蔵(松田凌)の台詞を裏切らない絶対的美少女です。彼女は美しいだけではなく芯が強く、あどけない純粋なカノンを演じ切ってくれました」と太鼓判を押す。

また、内藤瑛亮監督は、「この映画で、少年たちから『偶像』であることを強いられる美の象徴”カノン”というキャラクターを、意志の強い生身の少女として描くことが僕のテーマでした。中条さんは、その二つの要素(美しさと意志の強さ)を併せもっていて、カノンをいま演じられるのは彼女しかいなかった」と、惜しみない称賛を贈る。

中条さんにとっては、本作が現役高校生として最後に出演した映画となったが、12月の富士山の麓の廃工場での撮影で、極寒の中をクレーンで吊るされ、水に沈められるというシーンに挑み、「監獄のようだった」とその過酷さをふり返っている。内藤監督は、そんな撮影のさなかでも「一切、弱音をはかないタフさに感心しました」と、その美貌からは推測できないタフネスさも絶賛しており、そんな中条さんの様子を垣間見ることができる最新映像は必見。


なお、現地時間10月1日から10月10日まで韓国で開催される第20回釜山国際映画祭のオープニングセレモニーとレッドカーペットに、中条さんの参加も決定。世界の目に彼らがどのように映るのか、楽しみだ。

『ライチ☆光クラブ』は2016年正月第二弾、新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top