【予告編】カート・コバーンの疑惑の死を目撃する…『ソークト・イン・ブリーチ』

映画

『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』 -(C)2015 Suburban Hitchhiker, LLC All Rights Reserved.
  • 『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』 -(C)2015 Suburban Hitchhiker, LLC All Rights Reserved.
  • 『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』 -(C)2015 Suburban Hitchhiker, LLC All Rights Reserved.
  • 『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』 -(C)2015 Suburban Hitchhiker, LLC All Rights Reserved.
  • 『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』 -(C)2015 Suburban Hitchhiker, LLC All Rights Reserved.
  • トム・グラント/『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』 -(C)2015 Suburban Hitchhiker, LLC All Rights Reserved.
  • 『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』ポスタービジュアル -(C)2015 Suburban Hitchhiker, LLC All Rights Reserved.
「ニルヴァーナ」のカート・コバーンの死の核心に迫ったドキュメンタリードラマが、『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』として12月12日(土)より日本公開される。27歳という若さで急逝したロック界のカリスマの疑惑の死を題材にした衝撃作から、緊迫の予告編と場面写真が解禁となった。

本作は、カートの妻コートニー・ラヴの私立探偵だったトム・グラントの仮説に基づき、捜査資料、事件関係者へのインタビュー、証拠音声などから、死後21年たった現在でも世界中で物議を醸しているカート・コバーンの“自殺”について迫っていくドキュメンタリー。

届いた予告編では、コートニーと思われる女性の電話の声とともに、大人気バンド「ニルヴァーナ」を率いたカートの死が伝えられるシーンからスタート。ショットガンによる頭部被弾という姿で発見されたカート。地元のシアトル警察は「自殺」と断定するが…。


ジェネレーションX(X年代)と呼ばれる世代のジョン・レノンだった、と紹介される、カリスマ性にあふれたロック・スターの早すぎる死。元LA保安官でもある私立探偵のグラントは、カートの死後も約20年にわたり独自の捜査を続けており、幾つもの決定的な証明を捜査資料、事件関係者へのインタビュー、証拠音声、再現ドラマで死の疑惑に迫っている。

妻 “コートニーの関与”説=他殺説を決定づけるというショッキングな“真実”を、まずはこちらから確かめてみて。

『ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~』は12月12日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top