松坂桃李、刑事の心得を受け撮影に意欲「サイレーン」

最新ニュース

『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』
  • 『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』
  • 『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』
松坂桃李を主演に木村文乃、菜々緒を迎えて贈るドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」。本日20日(火)21時より初回2時間スペシャルで放送開始される本作から、主演の松坂さんが警視庁を訪れ、警視庁第一機動捜査隊の原きよ子と対談を行ったことが明らかとなった。

原作は、週刊モーニングで連載されていた人気コミック「サイレーン」。機動捜査隊の物語が描かれ、相棒でありながら実は恋人同士でもある松坂桃李演じる里見偲と木村文乃演じる猪熊夕貴が、とある殺人現場に突如現れた菜々緒演じる謎の美女・橘カラと出会い、運命を狂わされていくクライム・ラブサスペンス。

今回主演の松坂さんが訪れた原さんは、今春、刑事部門の花形ポストである機動捜査隊に初の女性機捜隊長として着任した人物。その他二人の隊員も参加して対談が行われた。

そんな原さんは、ドラマの内容を理解した上で「ドラマに合わせて男女2人を揃えました。…恋人同士ではないですけど!」と原さんの心遣いに、思わず笑顔がこぼれる松坂さん。また松坂さんが最初に気になったのは、隊員2人の襟バッジ。「何のバッジですか?」と問うと、男性隊員は「警視庁機動捜査隊を示すバッジです。Mobile Investigative Unit=機動捜査隊で、頭文字を取り“MIU(ミュウ)”と読みます」と答えた。また「そもそもなぜ警察官になろうと?」という問には、「体を動かすのが好きなことと、刑事ドラマを見て、漠然と憧れていて」と原さん。男性隊員も「刑事ドラマの刑事に憧れて」というのが理由だという。意外にもテレビドラマの影響が強いことを知り、驚きの様子を隠せない松坂さん。

そして、「身の危険を感じた瞬間は?」という質問には、男性隊員から「夜中の呼び出しで行くと、一番のりで現地に到着。通常、周囲を固めて応援を待ちますが、明らかに裏手から逃げる音がしたので急いで回りました。懐中電灯で照らすと犯人は2人。数で負けていたので、まずいな! と思いながら格闘しましたが、結局、一人逃しました」とドラマと重なるエピソードに思わず「サイレーンですね!」と興奮を隠せない松坂さん。

さらに、初の刑事役を演じるにあたって松坂さんに刑事の心得のアドバイスもしていた。原さんは、「捜査できるのは警察官であり、刑事です。それを思えば、自分がやるべきことがわかる。ぜひ、この心を忘れずいろんな挑戦をして頂ければ、良い刑事になれると思います」。また男性隊員は「機捜では行いませんが、刑事であれば犯人を取り調べる仕事も出てきます。被害者を慮れば“この野郎!”となるけれど、相手を知ろうとしなければ、解決しない。結果、被害者のためにならないのです。許せない事案もたくさんあるけれど、冷静になることが大事です」。そして女性隊員も「一番は、諦めないこと。そして、些細なことも見逃さないこと。会話の中の些細なこともちゃんと受け止めて考えることです」と貴重な助言を述べていた。

最後に原さんから「私たちからすれば、松坂さんが機捜刑事を演じてくださることで、より多くの方に機捜刑事の存在や仕事を知ってもらえるのは凄くありがたいこと。ぜひ頑張ってください!」とエールを贈られた松坂さんは「頑張ります! 今日もこれから撮影なので、今聞いたアドバイスをしっかり体に入れてやります!」と意欲を見せていた。

「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」は10月20日(火)より毎週火曜日22時~放送。初回のみ21時から22時48分の2時間スペシャルで放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top