三代目・ELLY「すごいうれしい」ファンからの温かいコールに目じりを下げる

最新ニュース

『TRASH/トラッシュ』初日舞台挨拶
  • 『TRASH/トラッシュ』初日舞台挨拶
  • 『TRASH/トラッシュ』初日舞台挨拶
  • 『TRASH/トラッシュ』初日舞台挨拶
  • 『TRASH/トラッシュ』初日舞台挨拶
  • 『TRASH/トラッシュ』初日舞台挨拶
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー、ELLYの初主演映画『TRASH/トラッシュ』の舞台挨拶が10月24日(土)、都内で行われた。登壇したELLYは、周りのキャストやスタッフのべた褒めされ、「褒められてすごいうれしいっすね」と、照れくさそうに微笑んでいた。

『TRASH/トラッシュ』は、地元では負けなしのELLY演じる主人公・本堂ケントが、上京したのちに歯車が狂いだし、闇金や地下組織との戦いに巻き込まれていくというリアル・アウトロー・アクション映画。何かに打ち込めず苛立ちを体でしか表現できない主人公を、自身の高い身体能力を活かし、格闘シーンも本格的に演じた。

初めての映画主演にあたり、ELLYは、「最初に脚本を読んだときに、自分の過去と近いところを感じました。実際現場に入ると楽しいし、勉強になったし、何よりお芝居することがどんどん好きになっていきました」と明かすと、場内からは「ELLY、おめでとう」というファンからの温かいコールであふれた。

主人公の親友役として出演した八木将康(劇団 EXILE)は、「大きなハプニングはなかったんですけど、撮影が終わってからELLYと二人で血のりがべったりついたまま温泉に行ったんです。一般の人もいたので『あいつら、なんだ』ってなっちゃって」と、EXILE TRIBEの同期ならではの仲の良さを見せていた。

昔の恋人役を演じた中村ゆりは、ELLYが演じたシャイな男性像について意見を求められると、「エリーさんそのままというか。現場でも最初のころはあまりしゃべってくれないくらいで。でもダンスとかの話を聞いて、熱い人だなって思いました。素敵です」と隣のELLYに柔らかい視線を送っていた。

ほか、中村ゆり、天野浩成、権野元監督も登壇した。

映画『TRASH/トラッシュ』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top